静岡プロリーグ レポート

一覧

第13期静岡プロリーグ 第5節レポート

2017/09/28
執筆:足立 純哉


残暑の候、麻雀ファンの皆様はいかがお過ごしでしょうか。
日本プロ麻雀連盟 静岡支部 32期生の足立純哉です。

先日の静岡リーグ最終節での1コマ。
不在の支部長に代わり、副支部長の平岡より挨拶が行われた。
「麻雀は最後まで何があるか分かりません!」と熱く語る彼女だが、それもそのはず。
前日に行われた静岡プロリーグ第2節の別日対局。
1回戦終了時の平岡の持ち点は、驚愕の153,400点で他家全員ハコ割れ状態。
親番で四暗刻の16,000オールを2回あがり、平岡旋風が巻き起こった。
足立 「平岡さん、他家に何万点貸したんですか?」
平岡 「えーと、1…2…3…4…、良く分かんない!」
いつもはしっかり者の優しいお姉さんというイメージなのだが、たまにこういった一面も出してくる。
結局、第2節別日対局は平岡のオール連対で+177.8Pを叩き出す結果となった。

さて、前置きが長くなってしまったが、残暑の厳しい中、第13期静岡プロリーグ第5節が開催された。

第5節の組合せは以下の通りである。
1卓 鈴木(秀)×土屋×佐藤×大橋
2卓 太田×中×杉村×越川×島崎
3卓 鈴木(郁)×山本×平岡×原
4卓 鷲見×岡本×都築×京平
別日対局 望月×平野×足立×渡辺×川崎

1卓 鈴木(秀)×土屋×佐藤×大橋
(第4節終了時成績 鈴木(秀)+116.1P 土屋+54.4P 佐藤+46.7P 大橋+10.3P)

全員ポイントプラスの注目卓。加えて、土屋・佐藤にとっては鈴木(秀)を捕らえる、大橋にとっては上位陣に食い込むまたと無いチャンスである。
1回戦から2,600点持ちの1人沈みとされ、約40Pのマイナスを背負うが、この場面でも冷静なのが鈴木(秀)。
2回戦34,100点の2着、3回戦30,100点の2着でしぶとくマイナスを減らしていき、4回戦では、46,200点のトップと第5節のトータルをほぼ±0にすることに成功した。
ポイントを伸ばしたのが大橋。トータルポイントを意識してか、終始攻め切る姿勢を見せ、上位陣にあと一歩のところまで追い付いた。

鈴木(秀)▲3.0P 土屋▲37.6P 佐藤▲14.3P 大橋+51.9P

2卓 太田×中×杉村×越川×島崎
(第4節終了時成績 太田▲30.5P 中+64.8P 杉村▲48.5P 越川▲50.5P 島崎▲62.4P)

ポイントマイナス者4名と着実にポイントを積み重ねてきた中の対局。
今期の中は上位陣で唯一の全節プラスを残しており、安定感が光っている。
第5節でもその安定感は健在であり、40,000点台のトップ2回と浮きの2着を取り、上位をキープすることに成功した。
マイナス者の中でポイントを伸ばしたのは太田。鳳凰戦上位リーグの実力を見せつけ、トータルポイントをプラスまで挽回させてきた。個人的にも太田のトータルプラス域への浮上は脅威である。

太田+35.9P 中+34.1P 杉村▲45.0P 越川▲12.6P 島崎▲12.4P

3卓 鈴木(郁)×山本×平岡×原
(第4節終了時成績 鈴木(郁)▲104.0P 山本+28.1P 平岡+182.4P 原▲39.1P)

首位平岡が独走した為、まずは自分のポイントの上積みを第一に考えた三者だが、
1回戦に聞こえた声は「ツモ、8,000 16,000」。役は四暗刻。
アガったのは、もはや言うまでもなく平岡。
二日間で四暗刻を三回あがるという出来の良さで70,000点のトップを取る。
2回戦以降、どれだけ噴くのか注目されたが、他三者が何とか阻むことに成功し、4回戦トータルとしては、比較的小幅なポイント変動となった。

鈴木(郁)+6.9P 山本+0.6P 平岡+15.4P 原▲22.9P

4卓 鷲見×岡本×都築×京平
(第4節終了時成績 鷲見+52.2P 岡本▲117.5P 都築▲67.2P 京平+102.0P)

上位二者と下位二者、第4節までの結果がはっきり分かれている四名での対局。
特に、後が無い岡本は、攻め主体での麻雀になることが予想されたが、結果はオール浮きで60Pを巻き返すことに成功した。
逆に鷲見は40P沈んでしまい上位陣からは後退する結果となった。
ただ、鷲見の打点力を考慮すると、1節で元の位置に戻ることも容易に想定される為、次節以降も警戒が必要である。

鷲見▲40.8P 岡本+57.5P 都築▲6.8P 京平▲11.9P

第5節では別日対局含め順位変動が多く、かなり荒れた展開となった。
抜け出したのは、ミス四暗刻の平岡。その後に、鈴木(秀)・中・京平と続き、混戦状態は続く。第4節のレポートでは、中位陣から誰が抜け出すのかポイントと記載したが、
まさか平岡がトータル+200Pの首位になるとは全くの想定外だった。

第6節以降も非常に楽しみな展開となり、是非ご注目頂きたい。

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 合計
1 平岡理恵 30.6 177.8 ▲ 43.9 17.9 15.4         197.8
2 鈴木秀幸 45.5 ▲ 20.8 91.4 0.0 ▲ 3.0         113.1
3 中寿文 21.5 24.5 6.8 12.0 34.1         98.9
4 京平遥 59.2 ▲ 0.2 ▲ 4.9 47.9 ▲ 11.9         90.1
5 大橋幸正 35.5 ▲ 21.8 ▲ 12.6 9.2 51.9         62.2
6 足立純哉 53.6 0.0 ▲ 12.0 ▲ 2.8 0.0         38.8
7 佐藤あいり ▲ 5.6 0.0 17.7 34.6 ▲ 14.3         32.4
8 山本拓哉 ▲ 65.5 76.5 ▲ 9.0 26.1 0.6         28.7
9 土屋幸弘 61.9 ▲ 22.1 32.2 ▲ 17.6 ▲ 37.6         16.8
10 鷲見隼人 ▲ 6.2 0.0 38.3 20.1 ▲ 40.8         11.4
11 太田昌樹 57.8 ▲ 26.1 ▲ 72.8 10.6 35.9         5.4
12 平野敬悟 ▲ 33.7 ▲ 18.4 21.9 28.1 0.0         ▲ 2.1
13 川崎義之 ▲ 70.9 0.8 ▲ 20.3 54.4 0.0         ▲ 36.0
14 望月雅継 ▲ 16.5 0.0 1.7 ▲ 36.7 0.0         ▲ 51.5
15 岡本和也 0.3 ▲ 68.4 ▲ 49.4 0.0 57.5         ▲ 60.0
16 原佑典 ▲ 15.2 12.8 ▲ 12.0 ▲ 24.7 ▲ 22.9         ▲ 62.0
17 越川清一 ▲ 29.5 ▲ 67.5 46.5 0.0 ▲ 12.6         ▲ 63.1
18 都築友和 ▲ 49.6 20.2 7.0 ▲ 44.8 ▲ 6.8         ▲ 74.0
19 島﨑涼 5.1 0.0 ▲ 4.1 ▲ 63.4 ▲ 12.4         ▲ 74.8
20 杉村泰治 33.1 ▲ 61.7 ▲ 19.9 0.0 ▲ 45.0         ▲ 93.5
21 鈴木郁孝 ▲ 93.4 3.4 64.8 ▲ 78.8 6.9         ▲ 97.1
22 渡辺洋巳 ▲ 18.0 ▲ 32.0 ▲ 69.4 ▲ 13.1 0.0         ▲ 132.5