静岡プロリーグ レポート

一覧

第14期静岡プロリーグ 第5節レポート

2018/09/10
執筆:鷲見 隼人


第14期静岡プロリーグも折り返しとなる第5節を迎えた。
ここまでくると、多少なりともポイントを意識した戦いになってくる。
ポイントのある者は、選択肢が増え有利に戦えるだろう。
逆にポイントの少ない者は、選択肢が少なくなり自ずと前のめりの戦い方となる。
兎にも角にも、決勝戦の椅子は4つ!そこを目指して戦うのみである。
それでは各卓結果を見てみよう。

1卓
藤島健二郎×鈴木秀幸 × 大橋幸正 × 土屋幸弘 × 高木翔太

圧倒的安定感で首位を走る藤島。
他の4人はこのまま藤島を気持ちよく走らせるわけにはいかない!!
なんとしても藤島に土をつけたいところ

結果は
大橋+49.6P 藤島+44.0P 鈴木秀+14.9P 土屋▲30.0P 高木▲78.5P

勝ち頭は大橋!
大橋はこれで6位に順位を上げ、決勝戦進出に向けて良い位置につけた。
そして藤島もしっかりとプラスを重ねガッチリ首位をキープ!!
トータルポイントも200を超えて、早くも当確ランプが点灯しそうである。
鈴木秀が対局後一言
「やっぱ藤島さん強いわ!」
とこぼしていたのが印象的だった。

2卓
望月雅継 × 原佑典 × 杉村泰治 × 青嶋宏樹 × 平岡理恵

この対戦の注目は、上位につける望月・青嶋のポイントを他の3人が削れるか否か。
杉村としては、初戦の大きなマイナスを返し終え、決勝戦進出に向けて足掛かりを作りたいところ。

結果は
青嶋+29.6P 杉村+12.9P 平岡+10.8P 望月+8.9P 原▲62.2P

新人の青嶋がトータルポイントで100を超え5位につけた。
望月も、苦しいながらプラスでまとめて7位。
逆に苦しくなったのが原。別日対局を残しているとは言え、残り6節で決勝戦に残るには前に出てポイントを叩くしかない。
常識的な手組み、常識的な押し引きの原だけに、今後はその常識の殻を破った戦いを見せてほしい。

3卓
太田昌樹 × 鷲見隼人 × 京平遥 × 越川清一 × 都築友和

この卓はポイント中位者5人の対戦となった。
なんとか抜け出し後半戦は決勝戦を見据えて戦いたいところ。

結果は
鷲見+57.2P 京平+19.3P 都築+6.3P 太田▲27.4P 越川▲56.4P

前回優勝の鷲見がやっとプラスで片目が開いた。
京平も着実にポイントを伸ばして8位につけ、意気揚々と後半戦を迎えられそうである。
太田はマイナスで終えたものの、この日の出来からしたら上出来と捉えているかもしれない。
百戦錬磨の太田の今後の戦い方に注目である。

4卓
中寿文 × 足立純哉 × 蓮沼友樹 × 加来千香子

ポイントを持っている足立・蓮沼を何とか捉えたい中。
そしてそろそろエンジンをかけたい加来!
フレッシュな顔ぶれだけに、激しいぶつかり合いが予想される。

結果は
蓮沼+74.4P 中+32.4P 加来▲27.4P 足立▲79.4P

前に出ての叩き合いは蓮沼が制した!
これで蓮沼は130ポイントを超え4位!
中もしっかりとまとめて後半戦は決勝戦を見据えて戦える位置につけた。

5卓
鈴木郁孝 × 佐藤あいり × 平野敬悟× 鈴木涼太

首位の座を藤島に明け渡したものの、まだまだポイントに余裕がある鈴木郁。
ポイントを意識して守りに入ると、自身の長所がなくなってしまうため、最後まで攻め抜いてほしいところ。
他の3人は、何とか浮上のきっかけがほしい…

結果は
平野+29.7P 鈴木郁+27.5P 鈴木涼▲5.1P 佐藤▲52.1P

開始早々
「ロン32,000」
平野の国士無双!!飛び込んだのは佐藤。
不運としか言いようがない放銃だが、その後大きく崩れることなく、マイナスは最小限にとどめた。
平野はやっとの思いでプラス。
残り5節だがここからの巻き返しに期待したい。

6卓
川崎義之 × 山本拓哉 × 中野妙子 × 渡辺洋巳

この組み合わせの初見の印象は、
「山本がやりやすそう」である。
言い方が悪いかもしれないが、良い子麻雀の3人対山本のように見えてしまう。

結果は
山本+83.0P 渡辺▲9.0P 川崎▲17.5P 中野▲56.5P

山本が一気に3位まで順位を上げた!安定した戦い方に長けているだけにポイントを持ったら遺憾無く長所を発揮できる。このまま決勝戦進出まで突っ走りたい!!

第5節まで終わり上位陣のポイントは以下の通り
首位 藤島 +238.3P
2位 鈴木郁 +178.6P
3位 山本 +175.2P
4位 蓮沼 +130.4P
5位 青嶋 +127.1P
6位 大橋 +125.0P
7位 望月 +118.6P

山本と蓮沼が大きくポイントを伸ばし決勝戦進出争いに名乗りを上げた!
今期のボーダーは今までにないぐらい上がりそうである。
次は誰が、この中に割って入って来るのか!

まだ半分と捉えるか
もう半分と捉えるか
今後の選手の戦い方に大いに注目である!!!

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 藤島健二郎 36.0 62.5 8.2 87.6 44.0           238.3
2 鈴木郁孝 108.1 9.5 40.9 ▲ 7.4 27.5           178.6
3 山本拓哉 18.1 5.6 26.4 42.1 83.0           175.2
4 蓮沼友樹 29.8 15.4 2.8 8.0 74.4           130.4
5 青嶋宏樹 58.5 17.2 51.6 ▲ 29.8 29.6           127.1
6 大橋幸正 24.9 ▲ 13.9 47.5 16.9 49.6           125.0
7 望月雅継 51.9 63.9 ▲ 28.2 22.1 8.9           118.6
8 京平遥 22.8 ▲ 5.8 14.8 44.2 19.3           95.3
9 鈴木秀幸 65.6 ▲ 40.9 ▲ 17.7 35.9 14.9           57.8
10 平岡理恵 60.0 ▲ 11.0 ▲ 14.0 10.0 10.8           55.8
11 足立純哉 25.5 90.8 ▲ 11.8 26.3 ▲ 79.4           51.4
12 川崎義之 20.2 37.4   0.9 ▲ 17.5           41.0
13 中寿文 28.1 15.3 ▲ 23.2 ▲ 14.7 32.4           37.9
14 杉村泰治 ▲ 94.0 43.6 59.2 8.4 12.9           30.1
15 太田昌樹 5.6 ▲ 4.8 27.1 16.1 ▲ 27.4           16.6
16 鷲見隼人 ▲ 42.1 ▲ 34.8   7.1 57.2           ▲ 12.6
17 都築友和 ▲ 52.7 ▲ 16.1 ▲ 8.8 44.0 6.3           ▲ 27.3
18 土屋幸弘 ▲ 26.0 ▲ 20.0 27.6 ▲ 0.5 ▲ 30.0           ▲ 48.9
19 渡辺洋巳 ▲ 8.3 6.6 ▲ 36.9 ▲ 33.7 ▲ 9.0           ▲ 81.3
20 越川清一 32.1 16.0 ▲ 51.3 ▲ 26.9 ▲ 56.4           ▲ 86.5
21 佐藤あいり ▲ 17.0 ▲ 59.1 ▲ 4.6 2.5 ▲ 52.1           ▲ 130.3
22 加来千香子 ▲ 17.5 ▲ 23.2   ▲ 65.0 ▲ 27.4           ▲ 133.1
23 平野敬悟 ▲ 23.8   ▲ 75.9 ▲ 69.1 29.7           ▲ 139.1
24 鈴木涼太 ▲ 39.6 ▲ 64.4 ▲ 24.0 ▲ 33.2 ▲ 5.1           ▲ 166.3
25 原佑典 ▲ 70.9   29.0 ▲ 62.9 ▲ 62.2           ▲ 167.0
26 高木翔太 ▲ 70.3   ▲ 22.1 ▲ 34.9 ▲ 78.5           ▲ 205.8
27 中野妙子 ▲ 71.1 ▲ 44.9 ▲ 18.6 ▲ 16.0 ▲ 56.5           ▲ 207.1