文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

静岡プロリーグ レポート

一覧

第1期静岡プロアマチャンピオンシップトーナメントレポート 

2019/06/09
執筆:鈴木 秀幸


静岡プロアマチャンピオンシップとは?

今期から新設された静岡プロアマの頂点を決めるタイトル戦。
出場選手は静岡プロリーグから代表プロ4名と静岡一般参加ポイントランキング上位12名。
今年度活躍したプロアマがトーナメント形式で激突する、まさに静岡オールスターとなる大会である。

静岡支部はプロアマ交流を通じて、地方での競技麻雀の普及活動に注力してきた。
支部長望月の強い意志と理念により、その先頭を走ってきた自負が我々にはある。
そんな中での新しい取り組みとなった大会。

この大会を通じて一般参加の競技麻雀選手の方々に新たな目標を持ってもらえた様に感じた。
実際にみなさんの発言・行動も変わったように思う。
本当に嬉しい限りだ。

そんな記念の大会。
栄えある初代チャンピオンは誰の手に?

レギュレーションはWRCルールの1DAYトーナメント方式。
ベスト16は半荘2回戦(50分+1局)各卓2名勝ち上がり
ベスト8は半荘3回戦(55分+1局)各卓2名勝ち上がり
決勝は半荘3回戦(時間制限なし)
となる。

出場選手紹介

プロ枠
望月雅継 (第14期静岡プロリーグ優勝)
太田昌樹 (第31回静岡リーグ優勝)
川崎義之 (第32回静岡リーグ優勝)
藤島健二郎(静岡プロポイントランキング1位)

一般参加枠
影山恒太さん(アマチュア最強位)
深見翔 さん(静岡アマチュアポイントランキング1位)
松永誠さん(同2位)
堀孔明さん(同3位)
松清一樹さん(同4位)
藤井太郎さん(同5位)
宮地孝尚さん(同6位)
伊藤真さん(同7位)
坂本彰光さん(同8位)
村瀬光佳さん(同9位)
白井健夫さん(同10位)
大谷数則さん(同11位)

まずは各卓の展望から
1卓
望月×堀×松清×大谷

プロリーグを劇的に制した望月に、一般参加3名が挑む。
一般3名は攻撃力のある堀さん・大谷さんとバランス型の松清さん。
望月の麻雀にどう対抗するか。

2卓
太田×松永×藤井×白井

4者ともに攻撃的な打ち手が揃った。太田・藤井さんは門前型。
松永さん・白井さんは鳴きも駆使して先手を取る構図だろう。
壮絶な打撃戦を期待。

3卓
川崎×深見×宮地×村瀬

どちらかといえばバランスを重視した打ち手が集まった。
宮地さんの変幻自在の鳴きに対して他3者が1回長打を出せるかが結果を分けそうだ。

4卓
藤島×伊藤×影山×坂本

静岡に新風を吹き込み、結果でも圧倒的な存在感を示した藤島。
静岡リーグの実力ある一般参加者3名が挑む。

気持ちの良い緊張感が会場を包む中、対局が開始された。

1回戦

1卓
東3局、トップ目は堀さんの31,900と小康状態。
東4局、大谷さんが抜け出すべく、タンヤオドラ3のテンパイを入れるも堀さんのリーチピンフが決まる。

南1局
均衡を破ったのは望月。
メンタンピン一発ツモ三色イーペーコードラ1の、4,000・8,000を決めた。

2卓

こちらは乱打戦の模様。
太田が立て続けに松永さんからアガリをとるも、松永さんも反撃。
藤井さん・白井さんは苦しいながらも被害は最小限にと留め、次戦に勝負をかける。

3卓
一般参加ポイントランキング1位の深見さんが苦しい。
南入時には持ち点7,800点。
南1局のリーチも川崎の追いかけリーチに合い、川崎に軍配があがる。
3者の、熾烈な着順勝負は宮地・村瀬・川崎の順に。

4卓
東3局、坂本さんがダブ東ドラ1をヤミテンで藤島からアガり、37,700でトップ目に立つ。
その後の伊藤さん・坂本さんのアガリ合いは伊藤さんが制する。
リーチ超人影山さんもワンチャンスをものにすべく、リーチを繰り出すも実らず。

藤島が冷静に捌き終局、本命藤島ラススタートの波乱。

2回戦

1卓
東4局、望月が46,000を持ち、この半荘も一歩リード。
1回戦トップの望月、2人抜けのこのシステムでは当確か。

オーラス
僅差の堀さん・松清さんは着順勝負、大谷さんは跳満条件。

ここは松清さん、無念の1人ノーテン。
望月は危なげなく勝ち上がりとなる。

望月+45.6P
堀さん+3.0P
松清さん▲19.6P
大谷さん▲29.0P

勝ち上がり 望月・堀さん

 

2卓
1回戦2着の松永さんがまず4,000オールで抜け出す。
次局も先制メンピンドラ1のリーチを放つ。
白井さんも負けじとドラ2のツモリ三暗刻のリーチを打つも流局。

終始松永さん・太田のペースで進んだこの卓はそのままフィニッシュ。

松永さん+39.3P
太田+31.5P
藤井さん▲35.3P
白井さん▲35.5P

勝ち上がり 松永さん・太田

 

3卓
南場まで細かい点数移動も深見さんの1人沈み。
今日は彼にとっては苦しい1日となった。

1回戦同様3者均衡となった。

オーラスまで誰が勝ち上がりか、わからない状態。
宮地さんがツモピンフの400・700をアガリ決着。

このアガリにより村瀬さんが、3着落ちになり敗退。

宮地さん+34.0P
川崎+19.3P
村瀬さん+11.8P
深見さん▲65.1P

勝ち上がり 宮地さん・川崎

 

4卓
大接戦となった2回戦。
初戦ラスの藤島がトップ目に立つ。
残り2局を残し全員が10P以内と大混戦。

オーラスに影山さんが2,600オールをツモり逆転、流石の勝負強さを見せる。

影山さん+11.5P
伊藤さん+7.8P
坂本+2.7P
藤島▲22.0P

勝ち上がり 影山さん・伊藤さん

 

小休憩を挟み、決勝進出をかけたベスト8がスタート!

1卓 (起家から)
望月×川崎×影山さん×太田
2卓(起家から)
宮地さん×堀さん×松永さん×伊藤さん

1卓は奇しくもプロ3名が当たることに。
プロが全滅したらどうしよう…なんて懸念もあったが、少なくともプロ1名は決勝の舞台に進むことになった。

逆に2卓は一般参加選手4名の戦い。
静岡リーグに参加する選手の中でも、麻雀に対する愛が深く感じられる素晴らしいメンツとなった。

1回戦
1卓
川崎が望月から18,000をアガるなどして、大トップを決める。
望月も2着に滑り込み冷静に着順争いを制する。

2卓
ベスト16を微差の勝ち上がりを決めた堀さん。6,000オールを引きアガるなど6万点オーバーで初戦を制する。
堀さんの1DAYの強さには目を見張るものがある。

1回戦終了時
1卓
川崎+38.3P
望月▲0.4P
太田▲14.5P
影山さん▲26.4P
供託3.0

2卓
堀さん+50.6P
宮地さん+0.9P
伊藤さん▲16.3P
松永さん▲35.2P

2回戦
1卓
東3局までに川崎が順調にアガリを重ねて、48,600まで点数を伸ばす。
初戦大トップの川崎は決勝の椅子も目前か?
太田はまったく手が追いついてない模様。
最終戦の爆発にかけチャンスを待つ。

2卓
1回戦を3・4着で終えた松永さん・伊藤さんがともに4万点オーバーで巻き返しを図る。
3回戦まで縺れそうな展開に。

・・と思った南2局。
堀さんが、決定打を放つ。
ツモメンホンイーペーコードラ3の、8,000オールを決めて1人当確。

2回戦終了時
1卓
川崎+52.1P
望月+46.6P
太田▲31.9P
影山さん▲69.2P

2卓
堀さん+75.5P
松永さん▲21.6P
伊藤さん▲23.0P
宮地さん▲30.9P

3回戦

2卓
南入
松永さん34,900
堀さん25,600
伊藤さん25,900
宮地さん33,600
3者の着順争いは松永さんが、一歩リードするも、まだまだ1回のアガリで変わる点差。
緊張感伝わる対局。

南3局
松永さん宮地さんともに大物手をアガリ、それぞれ42,200 ・40,100と点数伸ばす。
デットヒートの中、松永さんが宮地さんから値千金の8,000 を宮地さんからアガる。
残すはオーラス、宮地さんがラス親だけにまたまだ分からない。

1卓
南3局まで
川崎20,300
太田33,300
望月16,700
影山さん49,700
親が落ちた太田はかなり厳しい条件をつきつけられた。影山さんもまたまだ点数が足らない。

2卓
宮地さんが4,700点差まで詰めるも最後は松永さんが自力でアガリ決着。
松永さんは第26回静岡リーグ以来の決勝進出。
堀さんは初の決勝進出とした。

1卓
勝ち上がりは望月・川崎。
プロ3人に囲まれながらも影山さん存在感を十分示す対局。
あと一歩及ばなかった。

3回戦終了時
1卓
望月+44.0P
川崎+39.6P
影山さん▲31.4P
太田▲55.2P
供託3.0P

勝ち上がり 望月・川崎

 

 

2卓
堀さん+64.1P
松永さん+12.6P
宮地さん▲15.6P
伊藤さん▲61.1P

勝ち上がり 堀さん・松永さん

決勝は 望月×川崎×堀さん×松永さんの4者となった。

決勝戦は独自の視点から観戦記形式でお届けします!
お楽しみに♪