静岡プロリーグ レポート

一覧

第15期静岡プロリーグ 第3節レポート

2019/07/12
執筆:青嶋 宏樹


梅雨の季節が訪れ、連日雨が続いていたが、運よく快晴の中で静岡プロリーグ第3節を迎えることができた。

第3節にして藤本が静岡プロリーグに初参戦。
第10期RMUクラウン3位
第33期十段戦ベスト16
第24期マスターズベスト8
などの実績を持つ。

近年は東京から実績を持ったプロの参加が続いている。
その熱意に負けないようにお互いの雀力向上の為に切磋琢磨できればと思う。

それでは第3節の対局の結果を振り返りたいと思う。

1卓

鈴木秀幸 × 相沢かおる × 足立純哉 × 後藤咲

上位陣でポイントを伸ばしたい相沢・足立と下位陣の鈴木秀・後藤の卓。

仕掛けを多用する3者にどちらかといえば門前派の新人後藤。
どのように立ち回るかで結果が左右する。

鈴木秀 +63.9P 相沢 +0.2P 後藤 ▲23.2P足立 ▲40.9P

結果は
鈴木秀幸がオール連帯で卓内トップ。
自由自在の仕掛けに他者は翻弄され、足が止まってしまった。
その中で相沢は僅かながらにプラス。
これは苦しい展開を考えればポイント以上に大きいはず。
次節も気持ちよく戦えるだろう。

2卓

藤本哲也 × 大橋幸正 × 岩井健太 × 田中寛治

初参戦の藤本・実力上位の岩井・中部プロリーグで好調の大橋に、前節デビュー戦で4位につけた田中の卓。
田中はここでプラス出来れば大きな自信とともに決勝進出争いに名乗りをあげるだろう。

岩井 +21.9P 田中 +18.3P 藤本 ▲6.0P 大橋 ▲34.2P

結果は新人の田中が2連勝スタート。
このままポイントを伸ばしていくかと思いきや、実力者揃いの卓。
簡単にはいかず、ブレーキ。
トータルはプラスだが田中にとっては心にしこりの残る1節となったか。
卓内トップは安定した戦いぶりでオール2着の岩井。
精度の高い読みとポイントをまとめる力はさすがというところ。

3卓

鈴木郁孝 × 都築友和 × 岡田智和 × 杉村泰治

決勝進出した前期に続き、好調の鈴木郁と、これ以上のマイナスは避けたい杉村・都築・岡田。

鈴木郁 30.4P 岡田 ▲6.5P 都築 ▲8.1P 杉村▲15.8P
結果は鈴木郁の1人浮き。
今期も決勝進出に向け、開幕から好調を維持している。
3者は少しながらもマイナスしてしまった。
浮上のきっかけを早い内に掴みたいところだ。

4卓

太田昌樹 × 鷲見隼人 × 京平遥 × 渡辺洋巳

現在2位の鷲見と静岡の実力者太田の卓。
鷲見は決勝進出のためにも太田をここで叩いておきたいだろう。

太田 +76.2P 京平 +20.6P 渡辺 ▲17.5P 鷲見 ▲79.3P

結果は太田が大爆発の+70オーバーを叩き出す。
対照的に鷲見はマイナス70オーバー。
過去、幾度となく決勝進出争いを続けてきた2人だが、今回は太田に軍配が上がる。

マイナスした鷲見はリーグ戦後半に強い。昨年も100P負けているところから200P以上巻き返している。
次節以降の戦いに注目したい。

5卓
中野妙子 × 川崎義之 × 青嶋宏樹 × 鈴木涼太

誰もが絶対にプラスしたい、全員がマイナスしている下位陣の卓。
叩きあいが予想される。

青嶋 +49.0 川崎 +24.7P 中野 ▲ 32.2P 鈴木涼 ▲42.5P

川崎は一枚上手の戦いぶり。
四暗刻を親被りしても焦らず、しっかりと持ち直した。
中野はマイナスながらも手応えを掴んだのか、次につながる内容だった。
次節以降に期待だ。

6卓
原佑典 × 山本拓哉 × 大月れみ × 高木翔太

首位を走る、原と中位陣の卓。
これ以上原を気持ちよく走らせまいと原を抑えたいところ。

大月 +40.2P 山本 +38.2P 原 ▲13.4P 高木 ▲65.0P

結果は大月・山本が首位の原を抑え、大きくプラス。
大月は優勝するといった言葉通り、まずは4位に浮上。

高木は厳しいマイナス。
昨年は大きなマイナスで終わった静岡プロリーグ。
学習能力の高い選手なだけに今期はこのままでは終わらないだろう。

第3節が終わり首位は原。
そして田中・望月・大月と続くが、まだ抜け出しているものはいない。

私は、1局・1半荘・1節での結果に一喜一憂してしまいがちだ。
静岡プロリーグは通年で10節まであり、長いスパンでの戦い。
長いゴールまで、どう道筋をたて戦うかを考えるのが重要ではないかと思う。

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計
1 原佑典 38.6 65.1 ▲ 13.4               90.3
2 田中寛治   54.5 18.3               72.8
3 望月雅継 41.9 21.2                 63.1
4 大月れみ   22.1 40.2               62.3
5 鈴木郁孝   27.9 30.4               58.3
6 太田昌樹   ▲ 24.7 76.2               51.5
7 相沢かおる 11.0 39.5 0.2               50.7
8 山本拓哉 3.9 ▲ 5.6 38.2               36.5
9 中寿文 43.7 ▲ 13.0                 30.7
10 岩井健太 2.3 5.3 21.9               29.5
11 土屋幸弘 ▲ 3.8 30.4                 26.6
12 岡本和也 29.9 ▲ 4.1                 25.8
13 鈴木秀幸 ▲ 12.3 ▲ 31.2 63.9               20.4
14 川崎義之 ▲ 7.5   24.7               17.2
15 青嶋宏樹 15.7 ▲ 55.3 49.0               9.4
16 藤本哲也 15.1   ▲ 6.0               9.1
17 蓮沼友樹   1.1                 1.1
18 足立純哉 36.7   ▲ 40.9               ▲ 4.2
19 渡辺洋巳 ▲ 2.0 9.4 ▲ 17.5               ▲ 10.1
20 鷲見隼人 28.9 35.7 ▲ 79.3               ▲ 14.7
21 京平遥 ▲ 20.2 ▲ 24.8 20.6               ▲ 24.4

22

斉藤隆 ▲ 27.9                   ▲ 27.9
23 大橋幸正 34.8 ▲ 33.9 ▲ 34.2               ▲ 33.3
24 平野敬悟 ▲ 41.1 6.4                 ▲ 34.7
25 鈴木涼太 28.7 ▲ 32.3 ▲ 42.5               ▲ 46.1
26 杉村泰治 ▲ 36.1 5.5 ▲ 15.8               ▲ 46.4
27 藤島健二郎 ▲ 51.1 2.6                 ▲ 48.5
28 中野妙子 ▲ 58.9 32.3 ▲ 32.2               ▲ 58.8
29 後藤咲 11.7 ▲ 54.4 ▲ 23.2               ▲ 65.9
30 高木翔太 ▲ 3.2 ▲ 0.4 ▲ 65.0               ▲ 68.6
31 都築友和 ▲ 30.4 ▲ 55.1 ▲ 8.1               ▲ 93.6
32 岡田智和 ▲ 69.4 ▲ 24.2 ▲ 6.5               ▲ 100.1