東北プロリーグ レポート

一覧

第21期東北天翔位決定戦レポート

2014/04/10
執筆:青木武


東北天翔位決勝戦全8回戦

決勝戦のメンバーは、リーグ戦1位:佐藤大介、2位:皆川直毅、3位:遠藤昭太、4位:渡部稔の4名。
佐藤と遠藤は、東北天翔位優勝経験者。皆川はここ数年安定感があり、2度目の決勝進出。
渡部は初めての決勝戦でどう戦うかが見所。

1回戦
東1局を皆川が300・500をアガリ東2局に

四万五万六万七万八万九万五索六索二筒三筒四筒西西  リーチ  ドラ四万

五万を入れて、気持ちよく5巡目リーチ。
2巡後、北家の渡部から、追っかけリーチが入る。すぐ皆川が五筒をつかみ渡部に8,000点 放銃。
皆川にしたら、まだ1回戦なので、焦りはないだろうが、あまり自分の状態は良くないなと思っただろう。
そして爆発力のある遠藤に手がはいる。

東4局、東家

一筒三筒三筒四筒五筒六筒六筒  ポン白白白  ポン発発発  ツモ二筒

南2局にも、リーチ・ツモ・三色の2,000・3,900。

南4局

五索五索発発発中中  ポン南南南  ポン白白白

流局したが、安めで倍満の手…。
1回戦は皆川の1人沈みで終わった。

2回戦
小場の展開だったが、渡部の放銃が多く1人沈みになる。
遠藤が連続トップとなり好発進となった。

3回戦
更に小場な展開だった。これまで、手が入っていない皆川が南場の親で粘り、なんとか2着。
ただ、最後に遠藤に1,000点放銃して、遠藤にトップをとられてしまう。これで遠藤の3連勝になった。

3回戦終了時の成績
遠藤+42.8P  佐藤+0.1P  渡部▲22.1P  皆川▲22.8P

4回戦
そろそろ遠藤を沈めないと3人がキツくなるところで皆川に手が入る。
メンホン・ツモの4,000オールなど、オーラスをトップ目。
まだまだ点数を上乗せすべく、ドラ3の手でリーチ。それに対し、真っ直ぐ押す佐藤。
遠藤が自分で1枚切っている南を切ると佐藤から「ロン」の声。

一万九万一索九索一筒九筒九筒東西北白発中  ロン南

国士無双だった。遠藤は箱下になり、トータルトップも佐藤になった。
しかし、遠藤もトータル+1.8Pでまだまだわからない。残り4回あれば逆転可能の点差だ。

だが、局を支配しているのは佐藤だった。軽く局を流し、誰にも佐藤を止められない。

結果、4回戦から8回戦まで5連勝をする。圧倒的な強さで完勝だった。
2位の皆川も我慢しながらノートップでプラスにしているところはさすが。
遠藤も麻雀の怖さを学んだ決勝戦だったと思う。
あの国士無双さえ回避できていれば、優勝の行方はわからなかったと思う。
渡部にいいところがあまりなかったが、来期また頑張ってほしい。いい経験になったと思う。

佐藤プロおめでとうございます。強かったです。

佐藤 +128.5P
皆川 + 10.5P
遠藤 ▲ 47.9P
渡部 ▲ 93.1P