東北プロリーグ レポート

一覧

第22期東北プロリーグ前期第2節レポート

2014/07/01
執筆:A:佐藤晃大  B:遠藤昭太


Aリーグレポート:佐藤晃大

1節目で大きく点数をたたき首位を走る高橋。対局者は泉・杜・大里。

1回戦、東4局で大里が53,700と大きくリードする。
大里の連荘を泉が5,200で流す。

南場に入り8巡目、杜からリーチ。これをツモり1,300・2,600。
大里の断トツの状況でも、焦らずみんな自分の麻雀を打ってくる。

南3局、杜の親番を大里が軽く流し、南4局は高橋がアガリ、大里の1人浮きで結局終わった。

大里の状態がいいかと思えたが、2回戦は苦しくなる。
大里19,300点のラス目で東4局。大里の手牌

一万二万三万三万四万五万六万六万七万東発発発  ツモ東  ドラ一万

16巡目に東ツモ、この前巡に高橋からリーチ。
残りツモ1回しかないので、高橋の現物の七万を切る。
捨て牌に六万は2枚切られていて、高橋のリーチがなければ六万を切っていただろう。
六万を切って勝負する人も多いのではないだろうか。

この時、泉も七対子の東待ち。大里のハイテイにいたのは最後の東だった。
この倍満で一気にトップになる。大里の展開がいい象徴的な一局だった。

しかし、泉がオーラスの親で6,000オールをアガリ逆転。

八索九索白白  チー二索 左向き三索 上向き四索 上向き  ポン中中中  ポン発発発  ツモ七索

苦しくなったのは杜だ。大里のリーチに杜が放銃しラスになる。

3回戦4回戦と高橋・大里がトップをとり、杜は▲54,1Pで終わる。
トータル的にも苦しくなった杜に、残り3節で巻き返しを期待したい。

Aリーグ

順位 名前 前期1節 前期2節 前期3節 前期4節 前期5節 合計
1 工藤宏紀 38.8 37.8 76.6
2 高橋清隆 83.8 ▲ 22.5 61.3
3 三井光一 21.6 34.4 56.0
4 大里奈美 9.5 43.6 53.1
5 佐藤大介 25.4 13.9 39.3
6 渡部稔 64.7 ▲ 33.4 31.3
7 青木武 ▲ 32.0 49.4 17.4
8 泉亮多 ▲ 16.6 33.0 16.4
9 粕谷勇吉 ▲ 26.7 37.4 10.7
10 今貴聡 ▲ 8.0 14.7 6.7
11 皆川直毅 9.8 ▲ 68.1 ▲ 58.3
12 遠藤昭太 ▲ 53.2 ▲ 45.9 ▲ 99.1
13 杜麻沙也 ▲ 49.0 ▲ 54.1 ▲ 103.1
14 吉田勝弥 ▲ 69.1 ▲ 40.2 ▲ 109.3

 

 

Bリーグレポート:遠藤昭太

1卓(佐々木、藤本、井上、新田、金谷)左から抜け番順

1回戦目、東1局1本場、藤本の2,000・3,900ツモからスタートし、新田と藤本がそれぞれ親番で連荘すると、東3局2本場で、井上が追っかけリーチで親の藤本から満貫を出アガる。
これで、井上、新田、藤本の三つ巴となって南場へ突入する。
競り勝ったのは、ラス前に井上から満貫直撃した新田。

このアガリで勢いづいたのか、新田は続く2回戦開始早々11,600を出アガリ、リードを守りきってトップ。
3回戦も叩き合いの中、チャンス手をモノにしていき3連勝。
抜け番をはさんだ5回戦も僅差で2着目となるもののプラスで終えて、+75.3Pと前節のマイナスを返してお釣りも出る結果となった。

2卓(安ヶ平、早川、千田、佐藤)

1回戦目、佐藤が細かいアガリを重ねて、大きい差ではないものの、1人浮き状態で南場へと折り返す。
しかし、ラス前に安ヶ平が2,600は2,900でプラスに戻すと、オーラスで高目ダブ南ツモの2,000・4,000で逆転トップとなる。

2回戦、東場は千田と早川が満貫をツモりあう展開に。
南場へ入り、トップ目は女流早川だが、オーラスに落とし穴。
ラス親の千田に12,000を直撃されると、続く1本場でも安ヶ平に満貫振込み。
一気にラスまで落ちることになった。

最終4回戦目では、東場、安ヶ平が親満ツモなどでプラスを積み重ねて1人浮き。
南場に入ると、佐藤が安ヶ平に親の跳満を直撃させて追撃に入る。
2人のデッドヒートとなるが、微差で安ヶ平に軍配が上がった。

結果は、逆転劇や接戦を制した安ヶ平がオールプラスの成績で+59.2Pの卓内トップとなった。

3卓(斎藤、加藤、早坂、山下)

開幕いきなり大物手が炸裂した。加藤のホンイツトイトイ小三元の倍満が親の斎藤を襲う。
それに負けじと東2局2本場、早坂が7,700は8,300を加藤から出アガリ、続く親でも11,600をアガる。
加藤と早坂のアガリ合いとなったが、加藤が逃げ切りトップ。

ここからは加藤の無双状態。4連続トップで+96.0Pを叩き出し、一気に総合首位となった。

第1節、第2節と、各卓の好調者が大きなプラスをものにする展開。
次の節で波を捕らえるのは誰になるのか?

Bリーグ

順位 名前 前期1節 前期2節 前期3節 前期4節 前期5節 合計
1 加藤圭太 ▲ 4.5 96.0 91.5
2 千田諒 60.3 4.3 64.6
3 安ヶ平浩希 3.3 59.2 62.5
4 佐々木啓文 50.9 ▲ 1.2 49.7
5 佐藤晃大 51.3 ▲ 8.1 43.2
6 早坂和人 18.0 7.6 25.6
7 新田大輔 ▲ 56.3 75.3 19.0
8 井上美里 13.1 ▲ 16.2 ▲ 3.1
9 金谷潤 ▲ 22.0 ▲ 19.4 ▲ 41.4
10 斎藤智大 17.5 ▲ 70.1 ▲ 52.6
11 藤本修二 ▲ 15.5 ▲ 38.5 ▲ 54.0
12 早川林香 ▲ 35.2 ▲ 55.4 ▲ 90.6
13 山下敬介 ▲ 82.9 ▲ 43.5 ▲ 126.4