東北プロリーグ レポート

一覧

第1期東北リーグ 開幕記念レポート

2013/05/17
執筆:菅原直哉


第1期東北プロアマ混合リーグ東北王座リーグのレポートを書かせて頂く、
日本プロ麻雀連盟東北本部所属の菅原です。

第1期ということもあり、ご参加いただく一般の方々には、ご不便などもあるかと思いますが、
東北本部一同、一生懸命取り組んで参りますのご協力お願いいたします。

今回のリーグ戦についてご説明すると、全6節中、4節分の成績を集計して競います。
5節以上に参加すれば、優秀な成績を優先して集計しますので、参加が多ければ上位に食い込むチャンスが増えます。是非、積極的に挑戦して頂ければと思います。

すでに1節目は終わってしまいましたが、4節分の得点を集計しますので、まだ5節残っております!!
まだまだご参加お待ちしております。

4月21日、第1節が行われました。

tohoku

4月も末に差し掛かり、春の陽気が本格的になってきた宮城県ですが、この日は地元の者も予想だにしない降雪・・・(泣)
天候のせいで、参加を見合わせた方もいらっしゃいましたが、遠くは青森県からご参加くださった熱い麻雀愛好家の方もいました。

第1期は、東北本部の開所式も兼ねていましたので、ゲストに森山新会長、伊藤副会長、藤崎プロもご参加いただきました。

tohoku
tohoku

開所式では、森山会長が「本気で麻雀を打つ!!」と、宣言され、会場のボルテージも上がりました。
開所式が終わり、いよいよ対局が始まりした。

1回戦が終わり、なんと、プロ2人が入る厳しい卓で10万点オーバーを叩き出したのはアマの渡辺さん。
これには、卓内のプロも舌を巻く暴れっぷり。お見事でした。

その後の対局も全てプラスで終えて、+104.8ポイント!本日のベストアマを獲得されました。
そして、記念すべき第1期は、アマでご参加頂いた上位の方に景品が用意されていました。

1位:渡辺さん・2位:鈴木さん・3位:北原さんが獲得されました。

プロも東北本部の新人の新田が+110.7ポイントと大爆発。

まだまだ、始まったばかり、1年かけて行う厳しい戦いですが、アマの方はプロを負かしてやるという意気込みで、プロはそれに受けて立つという意気込みで、お互いを高めて素晴らしい勝負を繰り広げて欲しいと思います。