東北プロリーグ レポート

一覧

第21期東北プロリーグ 第4節レポート

2013/07/31
執筆:A:青木武    B遠藤 昭太


1卓(佐藤、吉田、皆川、渡部)

東1局に、北家の渡部が七対子の先制リーチ。
西家の皆川が、数巡後に追っかけリーチ。こちらはツモり四暗刻。
どちらかのアガリだろうと思っていたら、さらに南家の吉田がリーチ。
すぐに吉田がツモアガリ、メンタンピンツモドラ2の跳満。

このアガリはあったのだが、結果、吉田の+3.4Pと僅差のトップとなった。
逆に、親っかぶりの佐藤はプラスの2着になり、粘りを見せ、2回戦から3連勝。
渡部は4ラスでトータル7位まで順位を落とした。

2卓(今、工藤、泉、高橋、杜)

1着1着と連勝スタートの泉と、2着2着の杜といい感じで迎えた3回戦に波乱が待っていた。
泉が親の時、今が倍満をツモ。工藤が親で満貫、倍満ツモと大荒れ。
2人共ドラ暗刻の手…。 体重100キロオーバーの2人。……ツキも太い。
ただ、泉も杜も荒れた展開でもマイナスを抑えているのはさすが。
今期不調の高橋だが、今後の奮起に期待したい。

3卓(平田、遠藤、青木、粕谷、東)

トータル1位の遠藤が1回戦トップ。青木の1人沈みと今期を象徴する結果に。
しかし、遠藤は4着4着3着と結果マイナスに終わった。
トップは無いもののオールプラスで粕谷がトータル6位に浮上。

1位は遠藤だが2位の佐藤と4.3P差と一気に縮まった。
これからの2人の熱い戦いと、ここに誰が割り込んでくるのか楽しみだ。

Aリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計 順位
1 遠藤昭太 94.6 73.8 ▲ 24.3 ▲ 23.6 120.5 1
2 佐藤大介 ▲ 5.8 17.1 57.6 47.3 116.2 2
3 皆川直毅 42.8 ▲ 34.2 69.4 ▲ 1.2 76.8 3
4 泉亮多 ▲ 4.6 9.9 40.5 4.1 49.9 4
5 工藤宏紀 1.8 1.7 8.4 25.3 37.2 5
6 粕谷勇吉 ▲ 11.2 18.4 ▲ 27.7 44.5 24.0 6
7 渡辺稔 55.1 25.6 ▲ 37.9 ▲ 56.1 ▲ 13.3 7
8 今貴聡 ▲ 20.4 12.6 ▲ 43.9 34.9 ▲ 16.8 8
9 平田孝章 9.1 ▲ 35.7 21.7 ▲ 23.6 ▲ 28.5 9
10 東幸一郎 12.7 19.6 ▲ 100.0 19.4 ▲ 48.3 10
11 杜麻沙也 ▲ 57.5 ▲ 14.6 1.6 ▲ 13.5 ▲ 84.0 11
12 青木武 ▲ 31.5 ▲ 6.5 ▲ 30.3 ▲ 16.7 ▲ 85.0 12
13 吉田勝弥 0.6 ▲ 63.7 ▲ 36.7 5.0 ▲ 94.8 13
14 高橋清隆 ▲ 58.6 ▲ 20.9 ▲ 0.4 ▲ 50.8 ▲ 130.7 14

新田が1人抜け出た状態で迎えた第4節。誰が新田の独走を止めるのか?

1卓(三井、佐々木、大里、佐藤)

1回戦目は、佐藤が序盤の跳満ツモのリードを守って進めていき、ラス親でも3,900オールをツモって1人浮き終了と、絶好のスタートを切る。しかしこの卓の主役は他にいた。

2回戦目、細かいアガリで場をリードしていくのは三井。
佐藤も喰い仕掛けなどで追いすがるも、三井のダブリー七対子が決まって勝負あり。
この半荘を制すと、続く3回戦は独走状態で1人浮き。
4回戦は、互いに満貫、跳満が飛び交う荒れ場となるものの、三井の仕上がりが他より勝って+27.6Pのトップで3連勝を飾った。

結果、三井は+89.3Pの高得点を叩き出した。
また、佐藤もプラスでまとめて、4節連続プラス成績継続と順調だ。

2卓(斎藤、早坂、安ヶ平、新田)

この卓は、ダントツの新田を他の3人が如何に抑えるかがテーマ。
1回戦目は、安ヶ平が喰い仕掛けからの1,600・3,200、その分の浮きをしっかり守りトップ。
2回戦は、後半新田が親満ツモから勢いをつけて+20.6Pのトップをとる。
またも新田が走ってしまうのかと思われたが、ここから他の3人が踏ん張りを見せる。

3回戦目、序盤から満貫級の応酬で、早坂、安ヶ平、斎藤の3人がアガリ合い、結果は平たくなったものの新田を1人沈みにする。

4回戦目は安ヶ平、新田が先行する展開だったが、南3局、早坂が新田から11,600を直撃させ、オーラスでも安ヶ平から8,000直撃で1人浮きトップを飾った。

4回戦を終えて卓内1位は斎藤。トップはないものの、新田を原点割れさせるなど各所で仕事をこなし、2、2、3、3と平均的にプラスを重ねた。
新田は3人にしっかりとマークされてラスになったものの、▲19.5Pで大きく沈む事は避けた。

新田がマイナスになったことと、三井が爆発したことで、総合順位は三井が新田を追い抜いた。
また、他の面々にも可能性はある。2人に追いつくよう頑張ってもらいたい。

Bリーグ

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 6節 7節 8節 9節 10節 合計 順位
1 三井光一 ▲ 13.8 36.9 ▲ 4.5 89.3 107.9 1
2 新田大輔 37.2 0.2 65.8 ▲ 19.5 83.7 2
3 佐藤晃大 3.3 18.0 2.5 18.9 42.7 3
4 安ヶ平浩希 ▲ 14.5 24.3 10.0 10.6 30.4 4
5 大里奈美 18.1 ▲ 60.9 61.5 ▲ 51.3 ▲ 32.6 5
6 早坂和人 ▲ 17.6 ▲ 22.7 ▲ 6.2 ▲ 7.0 ▲ 53.5 6
7 斎藤智大 ▲ 7.9 ▲ 1.8 ▲ 74.0 15.9 ▲ 67.8 7
8 佐々木啓文 ▲ 15.0 ▲ 49.0 ▲ 57.1 ▲ 56.9 ▲ 178.0 8