文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特別昇級リーグ 決勝観戦記

一覧

第16期特別昇級リーグ 決勝レポート 小車祥

2014/08/29
執筆:小車 祥


去る8月10日、連盟四ツ谷道場にて第16期特別昇級リーグの決勝が行われた。

鳳凰位。
それは我々日本プロ麻雀連盟のプロならば誰しもが憧れる頂点の座。
現在プロリーグは研修リーグを除いても10段階のリーグに分かれている。
D3リーグからA1リーグへ最短で昇級していったとしても、鳳凰位を獲得できるチャンスを得るのは6年目。
もちろん全てストレートに昇級などまず無理なので、それ以上の時間がかかってしまう。

そこで、力のある若手へのチャンスとして特別昇級リーグが設けられている。
各リーグの昇級者や、タイトル戦の決勝に残った者へ、特別昇級リーグへ出場する権利が与えられる。
リーグ戦が始まった時に立会人である藤原プロが言った。

「優秀なプロを助けるためのリーグであるが故に、昇級条件や失格となる条件も厳しい。
ここにいるというだけでチャンスなのだから、きっちりチャンスを活かして欲しい」

その言葉通り、チャンスをものにするべく決勝へと駒を進めたのは以下4名。

土井 悟(+152.5P、C2)
福光 聖雄(+127.3P、C2)
高宮 まり(+114.0P、C2)
本田 朋広(+105.3P、D1)

特別昇級リーグでの昇級の条件の1つに、その期のプロリーグをプラスで終えることというものがある。
そのため、特別昇級リーグの決勝では「昇級権利を持っているのは事実上1名のみ……」というようなことも少なくないのだが、今期の決勝はなんと全員に昇級権利が残っている。
しかも福光と本田に関しては、それぞれのリーグで自力昇級を決めていた。

この特別昇級リーグには、それだけ力のある選手ばかりが集まっているということなのである。
4者の譲れぬ戦いの幕が開けた。

 

1回戦(起家から、本田・土井・高宮・福光)

東3局、立ち上がりは小さな点数の動きしかなかったのだが、ここで最初に本手を決めたのが本田。

三万四万五万五索五索四筒五筒五筒六筒七筒北北北  リーチ  ツモ三筒  ドラ五筒

ドラが2枚あるチャンス手だなと思って見ていたが、あっさりテンパイし、あっさりツモった。
こんな簡単に2,000・3,900をアガれていいのかと、見ているこちらが嫉妬するほどだった。

東4局、9巡目に土井がドラ単騎待ちの七対子をリーチ。

六万四索四索八索八索九索九索一筒一筒九筒九筒発発  リーチ  ドラ六万

これを受けて高宮の手牌。

三万四万四万五万五万六万七万七万八万八万東南南

この手をもらっては全面戦争の構えだったが、有効牌をツモることも仕掛けることもできないまま、土井がドラの六万をツモ。
3,000・6,000

南2局、高宮が1巡目に白ポン、5巡目に中ポンと、積極的に仕掛け以下の手牌。

七万七万九索九索一筒三筒発  ポン中中中  ポン白白白  ドラ七筒

次に七万をツモりテンパイするも、打一筒とテンパイを取らない。
2,600テンパイよりもトイトイや大三元を目指す。
発を打ち出さないことで、周囲への牽制も兼ねていた。
強い意志を持って前に出た高宮だったが、ツモ切った四万に土井からロンの声がかかる。

二万三万三索四索五索二筒三筒四筒五筒六筒六筒六筒七筒  ロン四万

高宮は5,800の手痛い放銃となってしまう。

南3局2本場、ここまで展開に恵まれない高宮は、1回戦最後の親番の維持に全力を注ぐ。
5巡目に南をポンして以下の手牌。

一万二万九万九万一索一索二索東西発  ポン南南南  ドラ九万

ドラドラだが、簡単には鳴かせてもらえそうもないどう見ても苦しい手牌。言ってしまえば泥臭い。
小柄で容姿端麗な高宮からは、想像もつかないような泥臭い必死の闘牌。

私は苦しい仕掛けのその声のトーンや、内に秘められた熱い思いに胸が苦しくなった。
しかし無情にも、この局を制したのは本田。

三万三万三万九万九万二索三索七筒七筒八筒八筒九筒九筒  ツモ四索
2,000・3,900

南4局、福光の親番。
本田と800点差でトップの土井は、開局第1打からドラの白を河に置く。
1回戦をトップで逃げ切りたいという意志のこもった打牌。
土井は役牌の西を仕掛けて局を終わらせに行く。
ここで高宮がテンパイ、リーチ。

六万七万八万二索二索四索五索六索五筒六筒六筒七筒八筒  リーチ  ドラ白

高宮が七筒をツモって1,300・2,600。
トータル首位だった土井がリードを広げる形で1回戦が終了する。

1回戦成績
土井+23.1P  本田+18.3P  福光▲17.3P  高宮▲24.1P

1回戦終了時
土井+175.6P  本田+124.2P  福光+110.0P  高宮+89.9P

 

2回戦(起家から、本田・福光・土井・高宮)

東3局、高宮が5巡目に九万をポン。
その後、九万七万八万とツモって以下のテンパイ。

二万二万四万五万六万六万七万八万八万九万  ポン九万 上向き九万 上向き九万 上向き  ドラ二万

苦しい待ちだが、跳満確定の勝負手。
ここに三万をツモって来て少考の後、三万をツモ切り。

二万と六のシャンポンに受け変えはできるが、場に六万が2枚出ていたので待ちは変えない方がいいだろう。
同じ待ちのままでも九万を加カンすることができた。
リンシャン牌でツモれば倍満となる手だけに、カンもありだったかと思いながら見ていた。

次のツモが四万、カン五万に受け変えることもできるが待ちを変えずツモ切り。
そして次のツモが裏目の五万
高宮はここで九万を加カンし、二万八万のシャンポン待ちへと受け変える。
リンシャンから持ってきた中をツモ切ると、親の土井からロンの声がかかる。

二筒二筒四筒四筒五筒五筒六筒六筒白白発発中  ロン中

12,000の放銃。最初のツモ三万の時にカンをしていれば、この中は土井のテンパイよりも先に切ることができていた。
そして三万を残していると、四万ツモで二万五万待ちに変えることができ、五をツモっていた。

もちろんこれは結果論かもしれない。自分の目から六万が4枚見えている七万待ちにしたくなる気持ちもわかる。
しかし、そのそれぞれの選択によって待っている結果が両極端過ぎる高宮にとってはきつい局であった。

南2局、南家の土井が早々に南をポン。7巡目に以下の手牌。

三万三万二索三索五索六索七索九索九索白  ツモ一索  ポン南南南  ドラ白

トップ目なのでドライにドラをリリースするかとも思ったが、ここはテンパイ取らずの打三万とした。
その巡目で福光がテンパイし、以下のリーチを打つ。

一万二万四万五万六万七万八万九万二索二索三筒四筒五筒  リーチ

これは土井の手の中にあるもう1枚の三万が捕まってしまったかと思いながら見ていた。
しかし、土井はこのリーチを受けて九索のトイツ落とし。
結局、ギリギリのところで逃げ切り流局となった。

南3局、親の土井が2巡目に中をポンして以下の手牌。

四万六万八万三索四索七索一筒二筒四筒五筒  ポン中中中  ドラ四万

かなりリスキーな仕掛けである。
親番とはいえトータルトップでこの2回戦目もトップ目。
しかし7巡目には以下の形に整う。

四万五万六万一索二索三索四索五索四筒五筒  ポン中中中

13巡目にはついにツモ四筒でテンパイしてしまった。
ここで福光から声があがる。

二万三万四万三索三索四索五索五索七索八索九索四筒五筒  ツモ四索  リーチ 打五筒 上向き

四筒単騎の思い切りの良いリーチである。
同巡、本田からもリーチ。

一万一万四万四万六索七索七索八索八索九索三筒三筒三筒  リーチ

こちらもドラドラの本手。
3者の内、誰に軍配が上がるかと見ていると、高宮が長考の末九筒を暗カン。

二筒二筒二筒四筒五筒六筒六筒七筒七筒八筒  暗カン牌の背九筒 上向き九筒 上向き牌の背

リンシャンから持ってきたのは六筒で、打八筒とする。
全員が前に出るという、競技Aルールでは珍しい局となったが、この局アガリ切ったのは土井。
高宮がツモ切った六索で、2,900のアガリとなった。

このように、一見リスキーな仕掛けを見せる土井だが、ギリギリのところで逃げ切り誰も捕まえられない。
このまま2回戦も土井が逃げ切り、一気に土井の優勝ムードが高まるかに思えたオーラス。
親の高宮がドラドラの手牌をもらう。
ここまで良い手が入っているものの競り負けて放銃となってしまう局面が多い高宮。
積極的な攻めの姿勢を見せる。

5巡目に土井から切られた四索をチー。

五万六万八万八万五筒七筒七筒七筒八筒九筒  チー四索 左向き二索 上向き三索 上向き  ドラ八万

その後、なんとか以下のテンパイまで漕ぎ付ける。

八万八万二索四索七筒七筒七筒  チー四万 左向き五万 上向き六万 上向き  チー四索 左向き二索 上向き三索 上向き

土井は中を仕掛けて以下のテンパイを入れていた。

三万四万七万八万九万一筒二筒三筒南南  ポン中中中

残りツモ2回というところで、ツモってきた四を高宮に切りきれず、場に1枚出ていた南のトイツ落とし。
次巡、五万をツモってしまいアガリ逃し。しかし四万単騎のテンパイ。
ハイテイ牌が回ってきた土井。ハイテイのツモは三索で高宮のロン牌。

四万をやめているので、当然テンパイ崩すかなと思いきや、この三索を勝負。
タンヤオ・ハイテイ・ドラ2の11,600を放銃してしまう。

オーラス1本場にも、土井は高宮に2,900は3,200を放銃。
オーラス2本場には、福光に700・1,300をツモられ、土井はついには配給原点を割り2回戦を終えてしまった。

2回戦成績
福光+15.3P  本田+6.9P  土井▲4.5P  高宮▲17.7P

2回戦終了時
土井+171.1P  本田+130.5P  福光+125.3P  高宮+72.2P

 

3回戦(起家から、福光・本田・土井・高宮)

東2局、本田は親番で積極的に仕掛けていく。

九万三索七索九索九索発中  ポン東東東  ポン白白白  ドラ八万

親がここまで派手な仕掛けを入れれば、もうこの先は自力でツモるしかない。
七索中とツモり1シャンテンとなる。
ここで福光が以下の手牌。

二万三万四万七万二索二索四索五索六索六索六索四筒五筒六筒

七万を切ればタンヤオのテンパイ。
本田の河はソウズのホンイツが濃厚なのだが、ドラそばの七万での放銃となると11,600を覚悟しなければならない。

そして、本田の手出し九万が気になっているのだ。
福光は七万を切りきれず、打二万とする。そして上家から切られた三索をチー。
これは七万を切っていればアガリとなっていた牌である。

結果的には、このチーが最悪となってしまう。
本田に流れた牌は九索、そして中

七索七索九索九索九索中中  ポン東東東  ポン白白白  ツモ中

本田の8,000オールが炸裂する。

南3局にも2,000・3,900をアガった本田が、3回戦を制しトータルトップに躍り出る。

3回戦成績
本田+29.0P  高宮+14.4P  福光▲17.0P  土井▲26.4P

3回戦終了時
本田+159.5P  土井+144.7P  福光+108.3P  高宮+86.6P

 

4回戦(起家から、土井・福光・高宮・本田)

東2局、親の福光にドラの発が暗刻で入るがなかなかテンパイできない。
そうしている内に土井がリーチを打つ。

一万二万三万一索三索一筒二筒三筒六筒七筒八筒西西  リーチ  ドラ発

本田もすぐに追いつき、追いかけリーチ。

一万二万三万四万五万七万八万九万二索二索一筒二筒三筒  リーチ

福光もオリる気はなくぶつかり合うことが予想された。
土井のアガリ牌である二索は、河に1枚切られていて、本田が雀頭にしている。
そんなことを知る由もない土井は、あっさりとラス牌の二索をツモった。

見えている本田は「まじか……」と思ったのではないだろうか。
見ている私ですらそう思ったのだから。

東4局、土井が積極的に仕掛ける。

五万三索五索二筒二筒六筒七筒  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き  ポン二索 上向き二索 上向き二索 上向き  ドラ中

これはまたリスキーな仕掛けだと思った。
しかし土井は、そのリスクを承知で前に出ている。
これまでにこういう局面を何度も見てきたし、その度にギリギリのところで競り勝ってきているからだ。

土井の手牌が整わない内に、福光がテンパイした。

九万九万八索八索六筒六筒九筒九筒東北北中中  リーチ

リーチしたその巡目で土井が東を掴む。
福光は、土井と本田の2人を追わねばならぬ立場。
やはりここはリーチが定石となってしまう。
福光がヤミテンなら止まらない牌だが、リーチならば土井は打たないのだ。

こういう局面になると簡単にオリを選択する。1枚でも現物があればそれを切る。
そうやって、ギリギリの押し引きで凌いで今の位置にいるのだ。
結局、もう1枚重ねた東を土井は河へ切ることはなく、流局となる。
やはり土井の強さは、この絶妙な押し引きバランスにあるのだと確信した。

南3局、残すところ高宮の親番と、オーラスの本田の親番のみ。
親番のなくなった福光は、かなり苦しい状況に立たされていた。
配牌8種から国士へ向かう。

8巡目、最後の親を落としてしまうと負けが確定する高宮は、以下の手でリーチを打つ。

五万五万五万四索六索二筒二筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒  リーチ  ドラ南

ドラも手役もなく待ちも悪いリーチ。
しかし、このリーチを打つしかない立場の高宮と、最後まで諦めない姿勢に胸が熱くなる。
そして、このリーチを受けた巡目に、なんと福光が国士をテンパイしていた。

福光の雀頭は失念してしまったが九筒待ち。
そしてリーチを打っている親の高宮の河には九筒が1枚。
今にもアガれそうな待ちだった。

冒頭にも書いた通り、福光はC1リーグへの昇級を決めている。
つまり福光にとって、この特別昇級リーグは優勝でのB2リーグ格付けにしか意味のないものとなっている。

2人を追う立場の福光は、高宮から国士をアガってもあまり意味はなく、できればツモりたいと考えていたはず。
もし河に九筒が出てしまった場合どうしようか、福光のそんな心配も杞憂に終わってしまう。
福光が二索を切ったことで、スジとなってしまった五索を本田が切り、高宮の2,000のアガリとなる。

南3局1本場。
高宮の粘りも虚しく、本田のアガリ。

二万三万二索三索三索四索四索五索二筒二筒八筒八筒八筒  リーチ  ツモ四万  ドラ九索

1,000・2,000は1,100・2,100。

南4局。
本田28,000点持ち。土井43,200点持ち。
本田は、原点復帰は最低条件。
土井はアガれば何でもいい状況。

本田の配牌。
三万六万八万一索三索六索七索一筒一筒五筒八筒東発  ドラ五筒

土井の配牌。
一万二万四万二索四索一筒一筒五筒六筒西中中中

土井は本田の下家。
これはもうさすがに決まったかなと、この時点で思わされていた。

本田、重ねた八筒をポン、七索をポン。
ツモにも助けられなんとかテンパイ。

六万六万五索六索三筒四筒五筒  ポン七索 上向き七索 上向き七索 上向き  ポン八筒 上向き八筒 上向き八筒 上向き

土井も果敢に仕掛け、テンパイ。

一筒一筒五筒六筒中中中  チー一索 左向き二索 上向き三索 上向き  チー二万 左向き三万 上向き四万 上向き

土井はアガれば優勝。自分のアガリ牌以外は全てツモ切るのかと思っていたが、ドラの五筒をツモって長考する。
確かに、親の仕掛けに対してドラでは放銃したくない。

しかし、アガリやめはないので、放銃してももう1局はある。
ドラでだけは打ちたくないのなら、間を取って打六筒という選択肢もある。
しかし土井は、一番確実な中の暗刻落としを選択。

親がノーテンでない限りは、必ず次の局以降の決着となる選択をする。
次の土井のツモは一筒で、シャンポンにすればアガっていた。
このアガリ形に行き着いた人ももしかしたらいるかもしれない。
まもなく本田が四索をツモ。1,000オールで原点復帰となる。

南4局1本場。
本田31,000点持ち。土井42,200点持ち。
2人ともノーテンで終わればトータルポイントが同点で終了するが、現実的には本田があと1回アガリ、次の局にノーテンで終わらせるか、土井がアガるかというものになるだろう。

本田の配牌。
一万六万七万九万三索四索六索九索七筒九筒東南白発  ドラ北

ここにきて本田はかなり苦しい手牌。

土井の配牌。
四万五万二索四索五索七索八索三筒四筒七筒九筒白白

役牌のあるまずまずの手で、なおかつその白は本田の手の中にある。
ここもかなり土井が有利な配牌となった。
土井は白ポンして1シャンテン。
本田、ここもツモに助けられテンパイ。リーチ。

一万二万三万五万六万七万三索三索四索五索六索七筒九筒  リーチ

本田のリーチ宣言牌は五筒で、土井はこれをチーしてテンパイ。

四万五万六万七索八索七筒七筒  チー五筒 左向き三筒 上向き四筒 上向き  ポン白白白

土井の河には九筒が切られており、福光と高宮からの出アガリは期待できない状況。
本田は、土井に仕掛けさせないためにカン六筒待ちにしてリーチを打つべきだったのかもしれない。
しかし、確かにカン八筒はかなり良い待ちに見えたのも事実。

六索-九索待ちは牌山にかなり残っており、土井の優勝は目前かと思った。
しかし土井は五万をツモると、打七索とテンパイを崩してしまう。
さすがにここは、たとえそれが親のロン牌であっても切るべきではないのかと思った。

これは本田にチャンスが生まれたかと思えたが、土井が五筒六筒とツモりテンパイ復活し、一度は止めた五万を勝負。

四万五万六万五筒六筒七筒七筒  チー三筒 左向き四筒 上向き五筒 上向き  ポン白白白

本田が四筒をツモ切り、土井のアガリとなった。

4回戦成績
土井+26.5P  本田▲2.3P  高宮▲7.7P  福光▲16.5P

最終成績
土井+171.2P  本田+157.2P  福光+91.8P  高宮+78.9P

 

優勝は土井悟プロ。
見事、B2リーグへの昇級を勝ち取った。
準優勝だった本田朋広プロも、C1リーグへの昇級となる。
こうして、第16期特別昇級リーグは幕を閉じた。

高宮「今日は一生懸命頑張りました。また頑張ってこのステージに戻ってきます」

福光「土井さんは途中で何度かあたって、やりづらいなーと感じていた。対局が始まると、やはりやりづらかったです。今期自力昇級してるんで、来期もまた出れます。来期の特別昇級リーグこそは優勝したいと思います」

本田「悔しいの一言しかないです。泣きそう……。ターゲットはずっと土井さんだったんですが、最後まで逃げ切られてしまいました。でも来期はC1なんで、気合い入れてがんばります!」

土井「2回戦オーラスのカン三筒はやっちゃいました……反省です。今期のC2リーグでギリギリのところで昇級を逃した経験は大きかったです。その悔しさをバネに今日頑張れたと思います。来期B2は気合い入っているんで、リーグ戦前日までしっかりと体調を整えて挑みたいと思います!」

最近では、様々なタイトル戦の決勝やベスト8、16などが連盟チャンネルにて放送されている。
今回、特別昇級リーグの決勝戦に観戦記者として立ち会った私が、なぜこの対局がニコ生じゃないんだと悔しい気持ちになるくらい内容の濃い良い対局だった。

今回は私も1選手としての独自の見解を入れつつ、起こったことを正直に書かせて頂いた。
これを読んでくださった方にも様々な考え方や価値観があり、選手の選択をいろんな風に思うだろう。
それでいいと思っている。

間違いなく言えることは、そこに座って戦っている選手が一番苦しく、誰より勝ちたいと望んでいる。
その思いがプレッシャーになり、冷静さを欠く原因になり、手の震えを生む。
そんな中で得た勝利は、何物にも替え難い財産となるのである。

私もC1リーグを自力で昇級し、来期からはB2リーグ。
この勝利でさらに手強くなった土井とも牌を交えるだろう。
特別昇級リーグでの借りも返さねばならない。
全員に共通する思いは、鳳凰位という頂を目指すこと。

よき仲間であり、よきライバル。
理想の自分に近づくために、この日の4者の戦いを私の脳に刻んでおこう。