文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロ雀士コラム

一覧

インターネット麻雀日本選手権2016観戦記 櫻井 秀樹

2016/08/18
執筆:櫻井 秀樹


 

2016年7月23日
夏目坂スタジオに入ると、和やかな雰囲気で生放送のリハーサルが行われていた。
ん?見慣れぬ出演者がお二人ほど。

そう、本日はインターネット麻雀日本選手権2016の決勝戦。
一般のユーザーさんからも2名、決勝にコマを進めている。

Kaz-kunさん (以下kazさん)
ロン2から勝ち上がってきたユーザーさんで、メンゼンリーチを中心に手を進める王道の麻雀。
親番でのリーチ構成で厳しいユーザー予選を勝ち抜く。

Z512007さん (以下Zさん)
ハンゲーム麻雀4から勝ち上がり。4人の中では一番年輩だが、麻雀は若く現代風。
型に囚われない鋭い鳴きで主導権を掴み、対戦相手に自由に打たせない。
圧倒的な手数の多さで同じく予選、トーナメントと勝ち進む。

そしてプロからも2名が勝ち抜いた。

山井弘
ご存じ「世界の山井」こと、第1回リーチ麻雀世界選手権(WRC)優勝という輝かしい実績を持つ。
テレビ対局でも活躍著しく、間違いなくプロ連盟を背負ってたつ選手の1人である。
しかし、連盟内での公式戦はここ数年やや不調か。なんとかこのチャンスをものにしたい。

白鳥翔
春にマスターズを連覇したのは記憶に新しい。同じくテレビ対局でも活躍著しく、今最もノッている選手と言える。
奇しくもプロ2名対ユーザー2名の図式になったが、ここまで勝ち残っている以上、ユーザーの2人もプロ並みの技量、そして勝ち残りの困難さから考えると白鳥以上の勢いもありそうだ。

さあ、今年のネット麻雀最強を決める戦いが始まる。

 

【1回戦】 起家から 山井 白鳥 Z kaz

5回勝負のワンデーマッチなので、1回戦の入りは非常に重要。
この辺りは決勝や映像対局経験豊富なプロ2名が有利か?

東1局、7巡目の白鳥の手牌

二万三万七万八万九万五索五索七索八索九索六筒七筒八筒  ツモ九筒  ドラ九筒

絶好の手変わりで確定の三色、人それぞれ、初っ端の入り方はあると思うが、白鳥は丁寧にヤミテンを選択。結果ツモアガリとなったが、上出来な入りと感じたのではないだろうか。
kazさんは4巡目に発のポンテンをとらず。ゆったり打つ構えであったのか、それとも声が出なかった(クリックできなかった)のか。

東3局、八万を暗カンしていた西家・山井が迷わない入り目でリーチ。

二万三万四万三索四索五索二筒二筒二筒四筒五筒  暗カン牌の背八万 上向き八万 上向き牌の背  リーチ  ドラ南六索

しかし勝負手で追いついた、北家・白鳥の追いかけリーチに一発で飛び込み満貫の放銃。

四万四万四万四索五索五筒六筒七筒南南北北北  リーチ  一発ロン三索  ドラ 南六索  裏西白

やはり勢いは白鳥か?ところが次局、山井が妙手を打つ。

東4局、南家・山井が5巡目にしてドラのペン三筒を引き込みピンフテンパイ。

五万六万七万二索六索七索一筒二筒五筒五筒六筒七筒八筒  ツモ三筒  ドラ三筒

リーチかと思いきや、固くヤミテン。見事、三色へ手変わりしたところで、高目五索をkazさんから出アガリ。

五万六万七万六索七索一筒二筒三筒五筒六筒七筒八筒八筒  ロン五索

このルール(一発、裏ドラあり)ではピンフドラ1は余程の局面でない限りリーチがセオリー。
ましてや入り目が三筒、前巡8,000を放銃しているところなら喜んでリーチを打ってしまいそうだ。

だが、山井はネット麻雀というフィールドでも自信の信条を貫く。
自分の不調を感じ、ここは1回しっかりとアガることに重きを置いたのである。
おそらく満貫は偶然とういか望外の結果であったはずだ。

即リーチを打っていたら結果は分からないが、もし再度空ぶっていたら、山井はこの半荘浮上は無かったように思える。
そして残り4回戦で、果たして立て直せていただろうか?1回戦ながら、ここが勝負の分岐だったかもしれない。

南2局も、好調な白鳥の親を警戒してヤミテンで満貫をアガった山井は、独壇場の白鳥についていきしっかり2着でこの半荘を終えた。
そして気になったのはユーザーの2名。Kazさんは東1局のポンテンとらず、そしてZさんも南1局でチンイツのポンテンをスルーし、結果的にはアガリを逃した可能性が高い。
2人ともに何もできず1回戦が過ぎてしまった感じだ。

元来じっくり構えるタイプの打ち手ならば問題は無いのだろうが、緊張からの事であれば相当なビハインドである。
早く対局に入り込み、各々の個性を存分に出しきってもらいたい。

1回戦終了時
白鳥 +37.9P
山井 +9.0P
kazu ▲17.4P
Z ▲29.5P

 

【2回戦】起家から kaz 山井 白鳥 Z

1回戦3、4着2人は経験豊富なプロ側に走られると厳しい。
2回戦、緊張が解けたのかようやくZさんが「らしさ」を発揮しだす。

東1局、北家・Zさん

三万四万五万八索八索四筒五筒六筒東東  チー七万 左向き八万 上向き九万 上向き  ツモ東  ドラ八万

東の後付けで500・1,000を引きアガると、

東2局、西家・Zさん

六万七万八万四索五索六索八索八索八索一筒一筒三筒四筒  リーチ  ロン二筒  ドラ発  裏七筒

東3局、南家・Zさん

二万三万四万三索四索八索八索  チー七万 左向き六万 上向き八万 上向き  ポン中中中  ロン二索  ドラ九筒

東4局、東家・Zさん

二索三索四索六索七索四筒四筒六筒七筒七筒八筒八筒九筒  リーチ  ロン五索  ドラ七万  裏五索

なんと4局連続でアガリをものにする。打点に拘らず手数で勝負し、自分のペースに持ち込む、Zさんの本来の雀風である。

 

このままでは一人置いていかれてしまう、と南場はkaz さんも奮起。

南2局、1回戦ではうてなかったピンフドラ1のリーチをうつ。

二万三万二索三索四索六索七索八索一筒一筒四筒五筒六筒  ロン一万  ドラ二万  裏六万

こちらも緊張が解け、勝負に入り込めてきたか?
続く南3局でも1,300・2,600をツモアガリ。

四万五万六万八万八万一索一索一索五筒六筒  ポン西西西  ツモ四筒  ドラ八万

2着も見えてきた。

オーラス南4局、またもやZさんが「らしい」仕掛けで九筒九索とポンして牽制。
実際は中の後付けの4,800点なのだが、これに手牌読みを入れてしまったkazさんが飛び込み再びラス目に。

南4局2本場、3人が2,400点差の大接戦。西家・山井の早いリーチに、12巡目、南家kazさんの手牌。

二索四索五索七索七索八索九索二筒三筒四筒六筒六筒七筒  ツモ六索  ドラ二筒

七筒は自身で通した四筒のスジ。早いリーチだけに打ち易くもあったのだが、三索は既に3枚見えており打二索としテンパイを外した。
ところが、次巡のツモはなんと三索。2着浮上の細い道であった。
当然と言えば当然の選択で、責める事は出来ない。しかし、テンパイを組みなおしたとしても六筒が打てないので、難しいがテンパイを取っておくほうが若干有利であったか。

麻雀とはそういうものか。kazさんのアガリ逃しの同巡、山井が2,000・4,000をツモリあげ、またもや2着へ滑り込んだ。

2回戦結果
Z  +21.4P
山井 +9.2P
白鳥 ▲10.1P
kaz  ▲20.5P

2回戦終了時トータル
白鳥 +27.8P
山井 +18.2P
Z   +4.0P
kaz ▲50.0P

 

【3回戦】起家から 山井 kaz Z 白鳥

東1局から各自が激しくぶつかる。東1局、親・山井。
まずは一人マイナスを背負い、あとの無いkazさんが9巡目にピンフのみをリーチ。

六万七万八万二索三索一筒二筒三筒七筒八筒九筒西西  リーチ  ドラ六索

手変わりが無いとはいえ、これまでの打ち方をみていると、普段のkuzさんはうたないリ―チかもしれない。
展開が悪い局数が減るにつれてドンドン選択肢は狭まれていく。ここに早々に仕掛けを入れていたZさん、

一万一万一万三万五索六索白白中中  チー五筒 左向き四筒 上向き六筒 上向き  ツモ白

ここに白をツモると無筋の打三万、さらには出る中もないて、無筋の一万と押していく。
お互いアガリのないまま15巡目にドラの六索をツモったZさんがフリテンのシャンポンに受けかえ。
受け気味に進めていた白鳥も次巡の八索をチーして形式テンパイ。山井を1人ノ―テンにさせたい狙いか。

ところが形を崩さず粘っていた親・山井に苦しいながらも残りツモ1回のところでテンパイが入る。

一索一索四索四索四索六索七索八索九索二筒三筒四筒四筒  ツモ九索

四筒は比較的通りやすそうな牌なのでテンパイをとって連荘狙いだろう。ところが山井の選択はなんとリーチ!一発とハイテイを狙った。
結果は、白鳥の食い変えで一発ハイテイは消えるが、一索を見事ツモリあげ2,600オール。
ついに白鳥を捕えた。

これでこの半荘は山井のものかと思ったが、ここからまたもZさんの自在な仕掛けが光る。

東3局、親・Zさん

二万四万六万二索二索六索六索七索五筒五筒六筒六筒中  ドラ二索

この牌姿から六筒をポン。たしかに0メンツが1メンツにはなるが、なかなか声の出なさそうなポンだ。
しかし五万二索とツモって

四万五万六万二索二索二索六索七索五筒五筒  ポン六筒 上向き六筒 上向き六筒 上向き

この11,600点を、ホンイツで形になっていたkazさんから出アガリ。

さらに、南2局では、9巡目に二万二万三万四万でリャンメンチー。ドラは三万。すぐにオヤのkazさんから五索の出アガリ。
これがなんと三万三万三万四万からのチーで、7700点。

三万三万六索七索二筒二筒二筒五筒六筒七筒  チー二万 左向き三万 上向き四万 上向き  ロン五索  ドラ三万

迎えたオヤ番では今度はドラ暗刻のリーチ。勝負形になったライバル山井から打ちとり、大トップ。
オーラスでもしっかり仕掛け、白鳥をラスに落とし、Zさんがトータルでもトップ目に立った。

3回戦結果
Z  +46.7P
山井 +10.6P
白鳥 ▲23.3P
kaz  ▲34.0P

3回戦終了時トータル
Z  +50.7P
山井 +28.8P
白鳥 +4.5P
kaz ▲84.0 P

 

【4回戦】起家から 白鳥 kaz 山井 Z

東2局、親・kazさん、このままでは終われない!Kazさんがようやくオヤで連荘の得意パターンに持ち込む。

一索二索三索六索七索八索一筒一筒一筒三筒四筒発発  リーチ  ツモ五筒  ドラ一筒  裏七筒

4,000オール。

一索二索三索五索六索六筒六筒  チー九万 左向き七万 上向き八万 上向き  ポン白白白  ツモ四索  ドラ六筒

2,000は2,100オール

一万二万六万六万六万七万八万二索二索二索三索四索五索  リーチ  ロン三万  ドラ九万  裏白

2,000は2,600(+1,000)

打点とのバランスで、しっかりアガれる手を作り攻める。
おそらくトーナメントでも大きなトップを取る事で、試合を有利に進め勝ち続けてきたのだろう。
序戦からこのリズムに乗れていれば、の感はあるが、順位点がそこまで大きく無いルールの為、まだまだ可能性はある。

しかし3人も崩れることなくしっかり最善の手を打ち続けた。
オーラス、またも山井が難しいマチ取りをしっかりとらえて、三度目となるオーラスでの2着浮上。

北家・山井

三万四万五万六万七万八万二索四索七索七索三筒四筒五筒  ツモ三索  ドラ六万

最終戦、着順勝負に持ち込んだ。

4回戦結果
kaz   +28.3P
山井   +3.4P
Z    ▲9.6P
白鳥  ▲22.1P

 

【5回戦】起家から 白鳥 kaz 山井 Z

最終戦開始時トータル
Z  +41.1P
山井  +32.2P
白鳥  ▲28.3P
kaz ▲45.0P

1着順の順位点が10,000点の為、Zさん、山井は着順が上の方が優勝。白鳥、kazさんは自身の大きなトップに加え、並びも必要となる。もちろん、可能性が無くなるまで諦めるわけにはいかない。

起家の白鳥、粘って連荘。持ち点を37,600点とし、小さいながらトップ目に立つ。
まだまだ余裕のあるZさん、山井は焦らずお互いの着順を気にするだけでよかったのだが、手数を多くし自ら局を進める選択をしたZさんが東家・kazさんへ 5,800点放銃。

四万五万白白  ポン南南南  チー八万 左向き七万 上向き九万 上向き  ポン西西西  ロン三万  ドラ五万

そして北家・白鳥へ7,700点と連続放銃。

一索二索三索五索五索六索七索八索中中  ポン東東東  ロン五索  ドラ七索

持ち点を15,900点とし南入。山井との差は▲7,500点。
ところが、南2局わずか5巡のテンパイ。

四万四万四万七万七万四索五索六索三筒三筒三筒六筒七筒  ロン五筒  ドラ四万

ここはしっかりとヤミテンを選択。3者の心を折る、大きな大きなアガリ。
不幸な放銃は白鳥。ここでわずかな逆転の可能性も潰える。

マスターズ連覇前後から、白鳥の麻雀は大きな変動を見せた。持ち前の的確な状況判断、読みの精度に加えて、勝負所を見極める大局感が素晴らしく全くスキの無い打ち手になっていった。
本決勝でも、その実力を見せつつも、最後一つ牌運に恵めれなかった局面が多かった。勝負事にタラレバはタブーだが、あそこでアガっていれば、白鳥の圧勝もありえただろう、そのような局が幾つかあった。

 

オーラス南4局、東家・Zさん 北家・山井

持ち点
Zさん26,200点 山井22,400点

親・Zさんと山井の差は3,800点差。

山井は700・1,300のツモアガリか、3,900点出アガリ(Zさんからなら2,000点)
若しくは山井の1人テンパイ、Zさんの1人ノーテンか。

運命のオーラス、15巡目、山井必死の形式テンパイ。

四万四万六万九万九万二筒二筒二筒四筒四筒  チー五筒 左向き六筒 上向き七筒 上向き

ポン九万 打四万

 

この決勝の為に、全員の牌譜を何度も見返し、優勝ボーダーを予測し、1人イメージトレーニングを行ってきた。
決勝当日も、その気迫、集中は、周りに伝わるほど物凄いものだった。
昨年は、決勝に連盟員がいないという不甲斐ない結果。普段から、事務局に勤め、ロン2への愛情も大きい山井だけに昨年のはがゆさをどうしても自身の手で晴らしたかったのかもしれない。

「プロは結果も重要だが、魅せる麻雀、自分らしくいい麻雀を打っていきたい」

そう話す山井の気持ちの伝わる素晴らしい決勝戦であった。
山井が河に置いた最後の牌に声は掛からず、山井1人テンパイで終局。

インターナショナルの山井が、インターネットも制した瞬間であった。

 

 

オフェンスマスター山井弘
それは、どんな状況でも前に出て、無茶な勝負をし続ける事では決してない。
麻雀における闘いとは、耐えるべき局面では欲に駆られずしっかり耐え、闘う局面で臆病に負けずしっかり打ち抜く事。
そのような強靭な精神力が、山井の最大の武器であると思う。

来年のインターネット麻雀日本選手権2017、そしてディフェンディングで迎えるWRC。
きっとまた素晴らしい麻雀を見せてくれるに違いない。