プロ雀士コラム

一覧

Mr.Xの連盟Weekly!

2016/10/17
執筆:Mr.X


100

 

【第14期プロクイーン決定戦初日終了】


第14期プロクイーンの初日が終了し、ポイントはこのようになった。

初日終了時成績

童瞳 +55.0P
宮内こずえ +46.0P
西嶋ゆかり +22.6P
和久津晶 +19.8P
茅森早香 ▲143.4P

ディフェンディングの童瞳が首位に。
実力者茅森が他者に大きく離される格好となった。

2日目は


放送ページはこちら


放送ページはこちら

 

【麻雀日本シリーズ2016】
RMU代表多井隆晴が、昨年度に続き連覇を決めた。

 

100

 

決勝戦開始前の白鳥翔はこう呟く。

 

100

 

きっと時代に求められていなかったのだろう。
しかし、敢えてアンチを作っていくスタイル。私は嫌いではない。

 

100

 

この人も同じだが、普段おとなしそうに見える人ほど、頭の中には強い思想がうごめいているのかもしれない。

 

【NGワード】
私、Mr.Xの連盟weeklyを読んでくださっている方には、日本プロ麻雀連盟チャンネルの配信を多くご覧になっている方も多いと思う。
みなさん、実況や各選手のキャラクターを良く把握していただいており、ニコ生ではあたたかいコメントや突っ込みを頂けるのはとてもありがたいことである。
出演者側も、自身のキャラクターを確立しようと、試行錯誤している。
サスペンダーや蝶ネクタイ、赤い髪、黒縁のレンズがない伊達メガネなどがそうだ。

 

100

サスペンダー×蝶ネクタイ

100

赤い髪

100

レンズが入っていない伊達メガネ

 

トーク内容は個性をどんどん出すべきだと思うが、日本プロ麻雀連盟チャンネルでは使って良い言葉、使ってはいけない言葉の、最低限のルールが定められている。
放送禁止用語以外は、ほとんどが自主規制であるが、例えば「師匠」や「弟子」なども控えるようにしている。
麻雀は対局者4名の絡みで勝敗が決する競技だ。誰かが誰かを勝たせよう、または足を引っ張ろうとすれば、完全ではないにしろ有利不利が出てしまう。
実際そんな行為があれば、審議にかけられ処罰を受ける。
微妙な場面で本人の意思とは関係なく疑わしく見られてしまう可能性もあるから、日ごろから師匠や弟子のような間柄を示すような発言は極力控えるようにしているのである。

その点、この方々は安心だ。
”チーム”とは名ばかりで、完全に単騎、いや、むしろお互いを忌み嫌っている可能性すら感じさせる。

 

100
100
100

 

画像のTシャツは、結構売れているようで、新たな色を発売した。
前原総帥曰く「俺は鳴いたらオリるなとは言っていない」とのことで、新しいセリフの発表にも期待が寄せられる。

 

【女流桜花 昇級者】

 

順位 名前 1節 2節 3節 4節 5節 合計
1 菅原 千瑛(埼玉) 62.4 32.8 64.4 ▲ 6.4 ▲ 6.0 147.2
2 古谷 知美(東京) ▲ 1.8 19.9 57.6 40.1 22.6 138.4
3 蒼井 ゆりか(静岡) 51.2 62.0 31.4 3.0 ▲ 12.5 135.1
4 高宮 まり(茨城) 1.9 57.8 ▲ 6.1 65.6 ▲ 25.8 93.4
5 稲岡 ミカ(大阪) 28.3 ▲ 0.6 ▲ 34.3 33.6 41.0 68.0
6 井上 美里(宮城) ▲ 4.2 7.9 6.6 42.4 9.0 61.7
7 山脇 千文美(北海道) 47.0 30.2 ▲ 8.5 ▲ 12.1 1.5 58.1
8 川原 舞子(愛知) 14.3 9.8 ▲ 0.6 49.1 ▲ 14.8 57.8
9 安田 麻里菜(秋田) ▲ 35.9 ▲ 3.0 44.7 12.4 15.8 34.0
10 池沢 麻奈美(愛知) 26.1 7.8 9.1 ▲ 33.4 18.1 27.7
11 赤司 美奈子(福岡) 4.6 ▲ 6.7 7.8 7.2 12.6 25.5
12 白銀 紗希(青森) 60.1 15.1 8.0 ▲ 43.9 ▲ 14.2 25.1
13 石川 詩万(神奈川) ▲ 13.6 ▲ 42.8 49.7 ▲ 74.7 76.8 ▲ 4.6
14 中野 妙子(高知) ▲ 36.2 ▲ 32.4 19.0 27.3 11.7 ▲ 10.6
15 西山 あみ(神奈川) ▲ 27.5 ▲ 5.6 ▲ 58.6 23.8 52.6 ▲ 15.3
16 北條 恵美(アメリカ・ニューヨーク) ▲ 40.1 ▲ 12.5 27.2 7.7 ▲ 25.9 ▲ 43.6
17 黒沢 咲(東京) 20.6 23.9 ▲ 66.0 ▲ 12.0 ▲ 13.3 ▲ 46.8
18 天音 まこと(三重) ▲ 29.8 ▲ 2.6 ▲ 37.1 ▲ 20.7 31.4 ▲ 58.8
19 中山 奈々美(長野) ▲ 12.7 ▲ 21.1 ▲ 32.5 ▲ 15.2 9.9 ▲ 71.6
20 小宮山 一美(神奈川) 39.7 ▲ 46.8 ▲ 37.9 ▲ 21.8 ▲ 20.8 ▲ 87.6
21 三咲 麻里(埼玉) ▲ 16.9 25.9 ▲ 50.0 ▲ 61.8 ▲ 14.2 ▲ 117.0
22 小島 優(愛知) ▲ 61.5 ▲ 51.8 11.7 1.8 ▲ 30.2 ▲ 130.0
23 室伏 理麻(東京) ▲ 16.2 ▲ 7.6 ▲ 31.0 ▲ 59.5 ▲ 33.3 ▲ 147.6
24 齋藤 麻衣子(福井) ▲ 63.8 ▲ 61.6 ▲ 26.6 17.5 ▲ 94.0 ▲ 228.5

 

菅原千瑛、古谷知美、蒼井ゆりか、高宮まり
以上の4名が悲願の昇級!
5位稲岡ミカ、6位井上美里の2名はAリーグの入れ替え戦へ進出しました。(Aリーグ15位未定、Cリーグ優勝土田さおり)

 

【サイバーカップ覇者】

 

100
100

 

先日サイバーエージェントカップを制した古橋崇志が、靭帯を負傷してしまったらしい。
痛々しいが、きっと勝って浮かれ過ぎていたことで天罰が下ったんだという人も多い。
「やはり勝って浮かれてたんですか?」
と問うと、
「いや、まだ予選を勝っただけです」

神をも恐れぬ古橋。もう誰も彼を止めることはできないのだろうか。