プロ雀士コラム

一覧

Mr.Xの連盟Weekly!

2016/11/28
執筆:Mr.X


100

 

【第42期王位戦】
 
樋口徹が第42期王位を獲得した!

 

100
100
100

 

誰もが伊藤優孝の勝利を確信したその刹那、劇的な緑一色での勝利をおさめた。
十段戦の柴田吉和を彷彿とさせる大逆転だ。
本当に麻雀は最後の最後までわからない。

樋口徹
ロン2プロフィールはこちら↓

…と書こうと思ったらやってない!
え!?

これを機会に多分始めてくれるでしょう。
ロン2

 

 

【その裏側で】

 

100

 

観戦記を担当するのは白鳥翔。こちらも期待して待つとしよう。

 

100

 

「最後のなんやてw」
最後の最後が噛み気味だったことにより、こんなコメントを頂いているが、皆さん、いい加減に気づいてくれ。
これは計算ですよ。以前にもお伝えしたように、最後は自分が締めるぜ!といった意識の表れ。そうに違いない。

 

100

 

これも日吉辰哉と同じようなものだ。
年末に控えている最強戦ファイナル。そこで自分が美味いビールを飲むぜ!
時代は俺!風は俺に吹いている!
奴がそう思っている証拠がこれだ。

 

100

 

自身が書かれた記事を何度となく読み返す。
後ろを通りかかった山井弘に見せつけるように、トイレに立つ時はこのページを机に広げていく。手に負えない古橋にジャッジが下るときも近い。

 

100

 

 

【女流桜花入れ替え戦】
 
入れ替え戦を制し、女流桜花Aリーグ昇級を決めたのは関西本部の稲岡ミカ。

 

100

 

ロン2プロフィールはこちら↓

…と書こうと思ったらやってない!
え!?
これを機会に始めてくれるでしょう。
多分。

 

 

【勝ち抜きバトルV7】
 
再び、勝ち抜きバトルV7的な企画が始動するらしい。
勝ち抜きバトルV7の報酬は「番組出演」というものだった。
俺の出番はまだかーと待ちわびているのは中村慎吾。

 

100

 

お預け状態となっているこの男、少々自己中心的なふしがある。

 

100

 

例えばカラオケに行ったら、マイクもデンモクも離さない。

カラオケで女子が引く行動のランキングを紹介すると、

1 はしゃいで服を脱ぐ
2 マイクをカッコつけて持つ
3 歌詞を女性の名前に変えて歌う
4 人の歌に割り込んでハモる

あなたには心当たりがないだろうか?
中村慎吾には可愛げがあるから、人が集まるのが救いだ。

麻雀さえ強ければ良かったのは一昔前の話し。該当者は直ぐに改善するよう心がけるべし。

 

 

【weeklyの在り方について】
 
このふざけた文章が日本プロ連盟のホームページに掲載されていること自体が奇跡なのはわかっているし、有り難みも感じている。
だが、日吉辰哉のプロ団体日本一決定戦の記事など、真剣に麻雀に取り組んでいる、本来こうあるべきといったような文章を見ると、自分は何をやっているのかという気分になる。
自撮り写真やペット、料理、旅行の写真、全く面白くねー!
ギリギリを攻めてこそMr.Xよ!
なんて威勢良かった自分が恥ずかしくなるときがあるんだよ。日曜日の夜に毎週、一体何をやっているんだ?と自問自答する日々が続いている。
各種SNSで話題になりやすいのは無断で連盟員をイジったり、ゴシップみたいな所を攻めることだ。
存続のため、若手連盟員には容赦なくいくわ。
刀が当たったら御免よ。