プロ雀士コラム

一覧

Mr.Xの連盟Weekly!

2017/02/28
執筆:Mr.X


100

 

 

【Battle of generation】
 
Battle of generation 40代代表は西川淳、50代代表は近藤久春にそれぞれ決定!

30代 勝又健志
40代 西川淳
50代 近藤久春

残すは60代決定戦のみ。決勝戦への切符を手にするのは誰か?

森山茂和vs伊藤優孝vs荒正義vs沢崎誠
実況:優月みか
解説:瀬戸熊直樹
ルール:WRC世界選手権ルール
システム:半荘3回戦を行いトータル1位が決勝戦へ進出


放送予定 3/15 18:00~

第3期麻雀Battle of generation【60代代表決定戦】


放送ページはこちら


放送ページはこちら

 

 

【チームがらくた新三箇条募集】
 

100

 
「ノーマルシートにはまだ空きがあるということに、Mr.Xも気づいていないそうだ」

何やら私に対して挑発的な文章を見つけた。
単にこの場で軽く宣伝してほしいとも取れるが、見つけた以上は、アンサーを返さねばなるまい。

現状のチームがらくた三箇条
・放銃万歳
・愚形上等
・鳴いたらオリるな

これに加え、新たな三箇条を募集する、とのことだが。
まずは現在ある三箇条についてもの申す。

 

①放銃万歳
 
攻めには放銃がつきものである。
攻めることを信条とするチームがらくたにはピッタリの言葉であるが、放銃を推奨しているわけではない。
今回の雀力アップ上級で攻めと受けの使い分けで打っていると書いているが、それが非常に難しいのが麻雀である。
絶妙なバランス感覚が必要なのだが、言葉を元に、放銃を怖がらない打ち手が増えてしまいそうで嫌だ。

どう考えてもいつも負けているのに、放銃万歳ーーと言っている奴も見かける。
人間、痛みを感じなくなったら終わりだ。

 

②愚形上等
 
一時期、先手必勝系の麻雀が流行したことがある。
リーチや仕掛けに対して、毎回腰が引けたような対応をする者が多かったのは事実で、有効な場面もあっただろう。
それを瀬戸熊直樹のような攻めが打ち崩し、先手必勝麻雀は崩壊する。
不特定多数との麻雀なら、レベルの違いがあるため、未だに通用するのかもしれないが。

実際、チームがらくた(総勢2名)の佐々木寿人は、最近ではペンチャンターツを外す場面を良く見る。
「愚形上等」言葉だけで捉えて愚系を残し続けて打つのはテンパイスピード重視の麻雀だ。
アガリへのスピードはテンパイスピードとは異なる。
時には愚形がその局の最善の形となることもあるが、できることなら好形を求めたいものだ。

 

③鳴いたらオリるな
 
これが最もたちが悪い。
毎回アガリに向かって仕掛けるのは危険だ。
やっとの思いで安い愚形テンパイにこぎつけ、相手からの攻め返しをくらう。
そしてその先には酷い手格好での放銃が待っている。
この時「放銃万歳ーー」では何が何だかわからなくなってしまう。

本当にチームがらくたが言いたい事は、オロされるような仕掛けを減らそう。
要するに、精度の高い仕掛けを増やしていこうってことだ。

バランス良く、アガリを逃さないように、簡単にオロされるような仕掛けをしない。

丁寧に言えばこんな感じだ。

①放銃しても良い時がある
②最短のアガリを逃さない
③精度の高い仕掛けを心掛ける

しかし、これが三箇条ではインパクトがなくて面白みもない。
もっとチームがらくた(2名)の人となりを表現できるような言葉はないかと、私が徹夜で考えたのが以下だ。
 
・惰眠を貪る
・どこでも放屁
・子守りで欠席
・大体ハンバーグ
・腰に注意
・嫁にヒヨるな
・森山会長だけは怖い
 
さて、3月4日に開催されるイベントは、プレミアムシートは完売。ノーマルシートのみまだ空きがあるようだ。
興味のある方は足を運んでいただきたい。
 

100

 

 

【女流日本シリーズ】
 
システム

■予選全20回戦(各自8回対局)を行いポイント上位8名がプレーオフ進出
■プレーオフ全4回戦(各自2回対局)ポイントを持ち越し上位4名が決勝進出
■決勝全4回戦

予選成績

順位 名前 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦 8回戦 合計
1 仲田加南(女流桜花) ▲ 10.0 45.9 ▲ 25.5 11.4 6.9 24.4 41.4 ▲ 10.4 84.1
2 朝倉ゆかり(女流雀王) 7.0 5.8 ▲ 12.6 ▲ 9.4 8.8 8.8 25.3 10.5 44.2
3 和泉由希子(連盟会長推薦) ▲ 40.9 80.9 29.1 ▲ 27.1 ▲ 28.9 ▲ 23.9 31.2 5.0 25.4
4 高宮 まり(前年度優勝) ▲ 20.2 11.5 ▲ 11.9 6.9 28.4 ▲ 18.4 ▲ 7.7 30.5 19.1
5 大平 亜季(女流最高位) 23.2 7.9 46.2 48.5 ▲ 28.4 ▲ 35.8 ▲ 14.7 ▲ 29.6 17.3
6 二階堂 亜樹(女流モンド杯優勝) 24.5 ▲ 2.2 ▲ 2.9 26.3 ▲ 26.5 3.6 4.1 ▲ 10.3 16.6
7 宮内 こずえ(プロクイーン) ▲ 9.1 ▲ 47.1 23.2 ▲ 15.1 ▲ 13.3 38.7 7.8 30.7 15.8
8 魚谷 侑未(モンド王座優勝) 12.5 0.8 4.4 14.2 ▲ 43.7 7.1 22.6 ▲ 20.6 ▲ 2.7
9 和久津 晶(連盟会長推薦) 37.5 ▲ 8.0 ▲ 23.7 ▲ 30.5 ▲ 4.8 ▲ 21.2 ▲ 19.3 ▲ 20.6 ▲ 90.6
10 大崎初音(ファン投票1位) ▲ 93.2 ▲ 4.6 24.2 ▲ 6.7 15.5 ▲ 33.8 ▲ 7.4 ▲ 25.2 ▲ 131.2

 
現女流桜花・仲田加南が首位で3/8のプレーオフへ。果たして決勝へコマを進めるのは!?


放送予定 3/8 17:00~

女流プロ麻雀日本シリーズ2017プレーオフ


放送ページはこちら


放送ページはこちら

 

 

【ダンス】
 

100

 
「恋」を唄う東城りお。
彼女の出身地、秋田で例のドラマが放送開始となったのは最近のことらしい。
秋田と言えばフォーラスがねぇー…
 

100
100

 
知らんわ!

その後は連盟の"影山ヒロノブ"こと"フナムシ"こと、船木伸一と力強くデュエット。
各々、それなりにストレスが溜まっているんでしょうなあ。
 

100