リレーエッセィ

一覧

まずはじめに、お断りしておかねばならぬ事がある。
このリレーエッセィは、ある者があるものを書き、それを名指しである者に送る。
送られたある者は、一ヶ月以内にやっぱりあるものを書き、それをある者に送る。
これ、いわば幸福の手紙の麻雀版である。
もちろん、送られた方は幸福どころか不幸の矢を射られたようでたまったものではない。
しかし、こんな読み物が麻雀ファンや仲間の見る楽しみとなれば幸いである。

(ホームページ編集部)

第80回:古橋崇志

2013/09/23


みなさんはじめまして!石田亜沙己プロからバトンを受け取りました、古橋崇志です。
まずはお決まりの自己紹介から…

1985年3月20日生まれの28歳。静岡県浜松市出身のA型です。
望月雅継プロのお店「Lookup」で、望月プロ・猿川プロと出会い21期生としてプロ連盟に入会しました。

その辺りの事は麻雀動画さんの「コラムの泉」で書かせてもらっていますので、よろしかったらご覧になって下さい。

そんな私ですが1年ほど前に上京し、プロ連盟の映像関係の仕事をさせていただいています。
具体的には日本プロ麻雀連盟チャンネル・ロン2ネットTVにて配信されている動画の編集や、毎週月・水・金曜日に放送されている生放送の企画・演出などです。

・日本プロ麻雀連盟チャンネル
・ロン2ネットTV

番組の企画は本当に難しいですね!
その道のスペシャリスト黒木真生プロからは「このドアホが!」と叱咤されながら日々頑張っております。
良い企画・アイディアなどありましたらsupport@ma-jan.or.jpまでお願いします(涙)

番組内ではMCや牌譜解説などもやらせていただいてるのですがこれも難しい!
その道のスペシャリスト勝又健志プロからは「古橋君はさぁ言葉のキャッチボールが…☆?+*$%&!」と難しいアドバイスをいただきました。

そして何と言っても麻雀も難しい!
その道のスペシャリスト佐々木寿人プロからは「情けねー麻雀打ちやがって!この根性なしが!」と日々励ましのお言葉をいただいております。

そんな先輩方からのアドバイスの甲斐あってか先日「第12回野口恭一郎賞」の決勝戦(最終審査)に進出することが出来ました。

第12回野口恭一郎賞は第一次審査(筆記)、第二次審査(面接)を通過した8名が
第三次審査(対局)へと進みます。

プロ連盟からは、増田隆一プロ、内川幸太郎プロ、井出康平プロ、そして私の4名が第三次審査へ。

第三次審査は8名で半荘4回戦を行い、上位2名が最終審査(決勝)に進出、下位2名が敗退。
そして3位~6位の4名でプレーオフ1回戦を行い上位2名が最終審査に進出です。

4回戦を終え、私は3位でプレーオフに。
対戦相手は、増田プロ、井出プロ、協会の渋川プロ。
ポイントは持ち越しですが、ほとんど差が無い為、着順勝負で最終審査進出者が決まります。

南場に跳満をツモり私の通過はほぼ確定。オーラスを迎え、2着を増田プロと井出プロが争います。

井出プロとは同期で、プロ試験で出会った時は「なんだこのチャラチャラした奴は」と思っていましたが、研修や勉強会などにお互い参加し、同期の中で一番プロとしての時間を共有してきました。
増田プロとは、猿川プロを通して仲良くなり、お世話になったりお世話をしたり・・・運命共同体の先輩です。
結果は井出プロが最終審査へ。

対局終了後、最終審査用のインタビューを受け帰ろうとすると、増田プロの姿は会場にはありませんでした。

決勝戦は井出康平プロ、最高位戦の佐藤プロ、坂本プロとの戦い。半荘4回の勝負です。

queen11

1回戦東2局、親番でリーチ裏3をアガリ、1本場。
先手を取ってリーチを打つ!この局のテーマがそれでした。
6巡目に以下の形

一万二万三万七万八万三索四索四索五索六索七筒八筒九筒  ツモ五索  ドラ六筒

ここで私は打七万の仮テン。
南家に六索、西家に三索を切られ、次巡のツモが六索

一万二万三万三索四索四索五索五索六索七筒八筒九筒  ツモ六索  ドラ六筒

三索-六索は5枚見えにもかかわらず、リーチに踏み切ってしまいます。
そんなにリーチをしたいのなら八万単騎でリーチをすれば良いし、
前巡に切られた待ちで、役有りならヤミテンに構える方が良いでしょう。

結果は井出プロに追っかけられて6,400の放銃。
ここから流れが全て井出プロに行き、それが最後まで帰って来ることはありませんでした。

自分の心の弱さで打ってしまったリーチ。
もちろん敗因はこれだけではありませんが、このリーチを一生忘れる事はないでしょう。

決勝戦を終えると携帯が鳴りました。
「メシでも行こうぜ」
増田さんからのメールです。
悔しさもあり、情けなさもありシカトしようかと思いましたが、後が怖いので渋々食事へ。

予想通り朝までコースになりましたが、増田さんなりに励ましてくれました。
自分の弱さ、そして仲間の大切さを知る事ができた1日でした。

私たち若手プロには、滅多にチャンスはありません。
その少ないチャンスをモノにし続けて、初めて「麻雀プロ」として認めてもらえるのでしょう。

昔、どこかの国の偉い人が言っていました「意志あれば道あり」と。
強い意志を持ち、自ら道を切り開いていきたいと思います。
麻雀も人生も。

いつか本当の「麻雀プロ」と呼ばれるその日まで。

次のバトンは、数少ないチャンスを見事モノにした、新人王の岡本和也プロに渡したいと思います。
岡本プロよろしくお願いします!