リレーエッセィ

一覧

まずはじめに、お断りしておかねばならぬ事がある。
このリレーエッセィは、ある者があるものを書き、それを名指しである者に送る。
送られたある者は、一ヶ月以内にやっぱりあるものを書き、それをある者に送る。
これ、いわば幸福の手紙の麻雀版である。
もちろん、送られた方は幸福どころか不幸の矢を射られたようでたまったものではない。
しかし、こんな読み物が麻雀ファンや仲間の見る楽しみとなれば幸いである。

(ホームページ編集部)

第93回:柴田 吉和

2014/10/14


この度、立花つくしプロよりリレーエッセィのバトンを頂きました、28期生 柴田吉和(よしかず)です。
先日行われた、第28期新人王戦で優勝し、初タイトルを獲得することができました。

初めてお目にかかる方が大勢いらっしゃるかと思いますので、まずは簡単に自己紹介を。

1978年1月13日生まれ(13日の金曜日)、36歳。

28期生、C3リーグ、初段。
プロデビューが2012年の9月ですから、早いものでもう3年目を迎えました。

山形県出身、血液型O型。
趣味はラーメンの食べ歩き。
あと、オンライン麻雀のロン2で1ヵ月単位で競われるロン2リーグGoldクラスで、毎月優勝目指してがんばっています!
が、、、ユーザーの皆さんが強くてなかなか。。。
ロン2リーグが週末開催なので、週末の日が変わる時間帯によく出没しております。
同卓頂いた際は宜しくお願いします!

あ、あだ名について少々…
新人王戦のニコ生放送中に、連盟に【しばきち】というあだ名が2人いる。
どっちが本物なんだ…という話題になってたんですよ(笑)
私の名前が、柴田吉和でしばきち。
もう一方の方は、皆様ご存知、A1リーガー 柴田弘幸プロ。
そりゃあもう本物はA1リーガーに決まってるじゃないですかー(笑)私が偽者です。しばきちで宜しければお譲りします(笑)
柴田さんとは、私がプロになる前から面識がありまして、仲良くさせ頂いているのですが、同じフロアに同じ名前の柴田が2人いると、ごちゃごちゃして、昔からいろんな意味でややこしかったですねww

そんな柴田弘幸プロと今年の第31期十段戦で、タイトル戦初しばきち対決があったんです!
私は、ノーシードですので当然、初段戦からの出場。
プチ自慢をさせて頂きますと、
初段戦トライアル 4半荘、+98Pで全体の2位通過!
二段戦トライアル 通過
三段戦 1位通過
四段戦 2位通過
四段戦シード 1位通過
五段戦 1位通過 ※別卓で初めて二階堂亜樹プロを目撃して、同卓しないのにドキドキワクワク!緊張MAX(笑)
ってな具合に、初段戦からなんだかんだ6戦通過!
六~七段戦の開始前は、周りを見渡すと、亜樹プロの他にも、滝沢プロ・寿人プロ・山井プロ・望月プロ・勝又プロなどメディア露出の多いビッグネーム多数!
だれだ、だれと同卓できるんだと、胸踊りながら同卓者の発表を聞いていると、柴田さんか~い(笑)
柴田さんごめんなさい全く悪気は無いんです。(本当に)ただただ、あまりにも亜樹プロと同卓してみたかっただけなんです(笑)
という事で、しばきち初対決となった訳ですが、結果はA1リーガー強し!!!
試合開始前の私の気持ちを知ってか知らずか、柴田プロにぐうの音も出ない程、こてんぱんにヤラレました。。。本物のしばきち強し!

そういえば柴田さん、十段位決定戦の決勝残りましたね。ある意味、私のおかげですね!違うか(笑)100%柴田さんの実力です!
このリレーエッセィを書いているのが、まだ十段位決定戦の開始前なので、結果はわかっていませんが、私はしばきち対決を制した柴田プロ推しでいきます!
ガンバレ!! しばきち!!

ちなみに、私のあだ名ですが、周りのみんなからは、しばきち以外に、【柴ちゃん】か【ばたきち】と呼ばれる事が多いです。
しばきちを本物に譲ってしまいました(勝手に!?)ので、今後は【ばたきち】でどうでしょう??っていうか【ばたきち】にします(笑)

ここまでの文章を読み返してみると、せっかく頂いた自己アピールできる場のリレーエッセィが柴田弘幸プロの話ばっかですね(笑)
※柴田さんをネタに使ってしまった様ですいませんでした!

せっかくなので、ばたきちの今後の目標を書きたいと思います。
今回、新人王を獲得できた事により、特別昇級リーグの出場権利を頂けました。

■特別昇級リーグとは力量ある若手の為に作られたリーグ戦で、全8節(1節4半荘)。1年目の新人でも優勝すれば最短4年で鳳凰位に就く事が可能となる。
優勝:B2リーグ昇級
2位:C1リーグ昇級
3位:C2リーグ昇級
(該当するリーグ戦に於いて、プラスの成績を収める事などの詳細な条件有)

私は今回、この特昇リーグが2回目の出場になるのですが、初めて出場した特昇リーグが丁度1年前の第15期特別昇級リーグでした。
この1回目の特昇リーグ出場時、運よく決勝に進む事ができまして(当時はD1リーグに所属)
忘れもしません。優勝が見える最終戦オーラス。

最終節、最終半荘、オーラス。現状トータル2着目の南家。
優勝条件は、8,000以上の出アガリもしくは2,000・3,900以上のツモアガリ。

三万四万五万五万六万三索四索五索七索七索三筒四筒五筒  ドラ中

9巡目テンパイ。出来あい三色キターーー。ついたーーー。リーチ!!!
(7,700のヤミテンだと、優勝に100点足りません。。。)

心の中ではもう軽くお祭りですよ(笑)ワッショイワッショイ B2ダーーって(笑)

しかーし。麻雀そんな甘くないですよね。。。
数巡後、親の現状3着目の高沢プロがツモの発声

五万五万六万六万六万中中  ポン二万 上向き二万 上向き二万 上向き  ポン六索 上向き六索 上向き六索 上向き  ツモ中

ぐおぉぉ~
ラス牌の中をツモって6,000オールですって奥さん!

ってな感じで終了しまして、3位終了でした。 
※詳細は、第15期特別昇級リーグ決勝レポートを中村慎吾プロが書かれているので、連盟HPでぜひチェックを!
C2リーグに昇級できたのは、うれしかったのですが、やはり目の前にB2リーグが見えていただけに、悔しかったですね。
なので、今回出場する、第17期特別昇級リーグには忘れ物を取りに行かなければならんのです!
忘れ物、即ち特昇優勝が今年の目標でございます!!

で、先日早速1節目が開幕致しまして、私ばたきち+92.9P ついたーーー!
ロケットスタートを切れた事ですし、奥さん私がんばっちゃいますヨ!!

さてさて、こんな長々としたおバカな話に、貴重なお時間を割いて最後までお付き合い頂き有難う御座いました!

さて、次のバトンですが、十段戦で初タイトルを獲得した櫻井プロにお願いしようと思います。
櫻井プロ 宜しくお願いします!