文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロ雀士インタビュー

一覧

第180回:プロ雀士インタビュー 小林 正和  インタビュアー:原 佑典

2018/04/17
インタビュアー:原 佑典


「勉強会などにも参加して熱意があるのは分かっていたし、その成果が結ばれた。この勝利を糧に、もっともっと頑張れば連盟を代表する選手になれる」

決勝の解説とプレゼンターを務めた瀬戸熊直樹から、これ以上ない最大級の賛辞を送られると、1人の青年の頬から何かが溢れた。
それは、純粋無垢な涙だった──

青年の名は、小林正和。
31期・後期生。
そして、第3期JPMLWRCリーグを見事、優勝という最高の結果で飾った男である。

この度、その優勝インタビューを務めさせて頂きました。初のインタビューで執筆にもかなりの時間を費やしてしまいましたが、最後まで読んで下さると嬉しく思います。よろしくお願い致します。

原 「WRCリーグ、優勝おめでとう!」

小林「ありがとう!」

原 「まずは乾杯だな」

 

100

 

原 「早速なんだけど、小林正和という男が一体どんな人物なのか?っていうのをメインに聞きたいと思ってる。いろいろ聞くけど、よろしくね!」

小林「何でも聞いてよ!」

小林は私の2年後輩である。
彼と初めて会ったのはリーグ戦の会場で、初対戦した時のことは今でも鮮明に覚えている。対局終了後、何がキッカケというワケでもなく、その日の麻雀についてしばらく語り合った。それは彼も覚えていてくれて素直に嬉しかった。
そんな昔話から、いよいよインタビューが始まった。

原 「普段は何の仕事をしてるの?」

小林「土日休みの会社員で、住宅の設計をやってるよ」

原 「へえー!麻雀はどのくらい打ってる?」

小林「セットは週に1、2回。仕事が定時の18時に終わる日は大体セットやってて、終わらない日は巣鴨の連盟道場に行って打つ感じかな」

原 「道場の存在は有り難いよね。時間の調整もしやすいし」

小林「打てない日もあったりするんだけど、そんな時は必ず対局動画を観てる。仕事以外はずっと麻雀のこと考えてるな〜」

─麻雀との出会い─

原 「麻雀を始めたキッカケは?」

小林「小さい頃、父が麻雀店を経営してて…。物心ついた時には、もうそこに麻雀があったんだよね」

原 「え、そうなの?!めっちゃ羨ましい!」

小林「でもね、父は麻雀教えてくれなかったんだよね。だから1人で牌で積み木やったり、打ってる所を後ろ見したり…」

原 「あれ?それってさ…笑」

小林「そう。生い立ちが二階堂姉妹と似てる!笑」

原 「じゃあ、ずっと麻雀に触れてきたんだね?」

小林「いや、小学校低学年の時に父が店をたたんで、その後は麻雀に関わることはなかったよ」

─麻雀プロの存在を知る─

原 「麻雀プロの存在を知ったのは?」

小林「大学の時、友達に二階堂姉妹の麻雀入門の本を見せてもらって、初めてその存在を知った。自分が抱いてた麻雀プロのイメージと全然違うな〜って感じたのを覚えてる」

原 「華やかに見えたんだね」

小林「少し興味が湧いて麻雀プロの世界を調べた。その過程で日本プロ麻雀連盟という団体があることも知って、当時は四ッ谷に道場があったから大学の授業の合間に毎日通ってたよ」

原 「いよいよ、プロへ…って感じだな」

小林「いや、モンド観たりしてて麻雀自体に興味はあったけど、その時はまだプロになろうとは思わなかったよ」

─プロになるキッカケ─

原 「麻雀に対して、どんな印象を持ってた?」

小林「ずっと世間一般のイメージが悪いな、と感じてた。父が店をやっていたし、お客さんもみんな優しくて自分の中では麻雀に対して怖いイメージがなかったんだよね。将棋や囲碁のように世間に認められるようになって欲しいって昔から思ってる」

原 「確かに。だから自分たち1人1人で頑張らないといけないよね。プロになって、そのイメージを変えたいと思ったの?何か、キッカケになるような出来事があったんじゃないかな?」

小林「仕事の転勤が多くて、千葉や茨城にいた時もあったんだけど。最強戦や北関東のプロアマリーグとか一般のかたも出られる大会に出たりした。一度、マスターズの一般予選に勝って本戦に行けたんだよね。その本戦会場で、四ッ谷道場でお世話になった藤原さん(藤原隆弘プロ)とかに再会したんだよ。藤原さんが自分のこと覚えてて声かけてくれて本当に嬉しかったし、ここの団体でやりたい!って強く思ったよ」

原 「運命の再会!的な!笑」

小林「ようやく仕事が落ち着いてきて東京にも戻ってきたし、プロになろうって決心したね」

 

100

 

─WRCリーグ優勝─

原 「自分から見て、小林くんは麻雀と真摯に向き合ってるなって印象があって、そうゆう姿勢が今回の勝ちに繋がった部分もあるんじゃないかなと思ってるけど…道中は苦しかったよね〜笑」

それは二次トーナメントでのことだった。
私もここまで勝ち上がっていたのだが、開始早々に隣の卓から重くドスのきいた発声が聞こえてきた。

「ロン。32,000」

声の主は、ともたけ雅晴だった。
その次の瞬間、私の視界に仰け反る小林の姿が入ってきた。放銃したのが小林だと理解するのに時間はかからなかった。
しかし、彼は決して諦めずに戦い、見事ベスト16へ進出。更には優勝というゴールまで辿り着いたのだ。

原 「決勝で、同期の中川くん(中川基輝プロ・上写真一番左)と対戦したよね。仲が良いのは知ってるし、特別に意識してた部分もあるんじゃないかと思うけど、実際はどうだった?」

小林「意識してたね。彼が前回、WRC優勝した時は素直に嬉しかった。リーグ戦の後とかにいつも反省会するんだけど、自分のダメな所をちゃんと認めるし、良い仲間だと思ってる。彼がいなかったら、また別の決勝になっていたんじゃないかな」

原 「今回のWRCに対して、思い入れが強かった?」

小林「これが最後のチャンス…そうゆう覚悟で挑んだ。次にいつチャンスがくるかわからないから。対局者の動画を全部観たり、しっかり準備して臨んだよ」

─今、そして未来へ─

原 「最後に、プロになった当時とWRCを優勝した今…気持ちや心境に変化があったか教えてくれる?」

小林「正直どうゆうプロになりたいか、まだ答えは出てない。ただ、プロになって日は浅いけど、やっぱり同世代の活躍を見てると良い刺激になるし、周りに認められるプロになりたいと思う。観てて面白いと思ってもらえる麻雀を打てなきゃダメだし、ファンは付いてこない。ガムシャラに勝って、早く追いつきたいよね」

原 「プロとして結果を出す、ってことね」

小林「今、頑張らないと10年後に活躍できるかどうかわからないし、何を言われてもいいから格好悪くてもいいから今、出来ることをやろうと思ってるよ」

小林正和はとても真面目な男であり、謙虚な面もある。だが、その内に秘めている麻雀への想いは誰よりも熱く燃えている。
新しく誕生したスター候補に、これからも注目して頂きたい。

映像対局が主流となった今の時代、一体どれだけの麻雀プロが最前線で生き残れるのだろうか。
それが許されるのは、ほんの一握り。

今、やるべきことをやる──

未来の麻雀界を担うのは、他でもなく自分たち若手なのである。

 

100