プロ雀士インタビュー

一覧

第88回:安田 麻里菜
「周りの先輩達に教えてもらって成長できた ・・・」

2012/11/22
インタビュアー:内川幸太郎


第10期プロクイーンを終えて、1週間くらい過ぎた頃。
担当「今回のインタビュー、お願いできる?ウッチー同期だし、運営やっていたから対局も観ていたでしょう?」
内川「あ、はい。まぁその、えぇ、観ていましたし、同期でもありますが、、、」
担当「問題無ければお願いしまーす」
内川「あ、はい、分かりました(話した事あんまり無いけど、大丈夫かしら?)」

というわけで、同期という事以外あまり絡みがないので、まずはプロフィ-ル調べをしよう。

088_10

安田麻里菜、22期生、秋田県出身、A型。
第1期女流桜花、第6期女流桜花に続く、3回目の決勝となった、第10期プロクイーンで初優勝。
女流桜花は開設当初よりAリーグ在籍。
鳳凰位戦プロリーグは今年から参加しているが、他タイトル戦は秋田から通っていたため不参加。

こんな感じかなー、なかなか成績優秀じゃない。
雀風は、最近の決勝見ている感じだと、面前重視のバランス型かな。
性格は、おばか系キャラのしっかり者?ってイメージだけど、さてどんなインタビューになるかなぁ(遠い目)

088_01
お気に入りの焼酎を♪
088_02
居酒屋にて

プロリーグ戦終了後、居酒屋にて。

内川「おつかれー、今日は宜しくね」
安田「よろしくー、緊張するから優しくしてね」
内川「大丈夫、普段通りでいいからねー。まずは改めて優勝おめでとう」
安田「ありがとう」
内川「まぁ乾杯しますか、お好きなもの頼んでおくれ」
安田「すいませーん♪なめろうとセロリの浅漬け、あと塩辛ってありますかー?」
{・・・・・おっさんか?}
内川「た、食べ物っていうか、完全につまみだね(笑)お酒よく飲むの?」
安田「飲む♪なんでも飲むよー」
内川「秋田の人って日本酒とか良く飲んでそう、一番好きなのはなに?」
安田「焼酎♪けど食べる物に合わせるかな」
内川「好きな食べ物はなに?」
安田「米!肉!魚!」

{・・・・・・・}

内川「大雑把すぎね?肉なら何がいいのよ」
安田「えーなんでも。試合の前とか良く焼肉とか行くよ」

内川「あぁ皆そういうねぇ。俺も食べるわ(笑)休みの日とかなにしているの?」
安田「えー、洗濯して、寝て、ご飯作って、DVD観て、寝てる♪」

{・・・・・・・}

内川「じ、自炊するんだ。い、いいね、じゃあ作ってあげたくなる男性のタイプは?」
安田「一緒にいて楽しい人がいいなぁ。あと芯がしっかりとある人」
内川「男に好かれるような感じの人?」
安田「そう。言っていることや、やっていることがコロコロ変わるような人はいやだなぁ」
内川「そうだねー、それは分かる。じゃ幸せだなーって感じる時は?」
安田「寝ているとき、ご飯食べているとき、お風呂入っている時w」
内川「・・・う、うん。ね、寝るの好きなの?」
安田「好き♪何時間でも寝られる♪」
内川「そっかー、俺何時に寝ても8時には起きちゃう(涙)」
安田「おじいちゃんだねー(笑)」
内川「(うっせ)ははは、じゃあ、そろそろプロクイーンの話ね。まずは、タイトルを取った実感というか心境というか変わった事ってある?」
安田「えー、あんまりないかなー。普段通り麻雀やって暮らしている」

088_03
Withなまはげ1
088_05
Withなまはげ2
088_04
優勝祝いのアイスを
088_06
美味しくいただきました

内川「そっか、じゃこれから少しずつ実感沸いてくるかもね。では、プロクイーンの話を聞かせて下さい。まず、初日はどうだった?」
安田「えっと、清水さんの勢いが本当に凄くて付いていくのに必死だった。
本当はあまり戦いたくない場面とかも結構あったけど、頑張って付いて行くために前に出るしかなかった」

内川「戦いたくないっていうのは、手格好とか点数的にってこと?」
安田「そう。安くてもぶつけないとどこまでも持っていかれそうだったから」
内川「それが功を奏し、初日は首位の清水さんに僅差で折り返す。で、2日目。これは、俺会場で観ていたけど感想はどうでした?」
安田「終始苦しかった。本当最後まできつかったよ」
内川「俺の見ていた感じだと、9回戦で差を詰めたじゃない、特にカン三の234の三色を一発で引きアガっての2着浮上。あれは大きかったなぁ」

088_08

安田「あーあれね。あの半荘もずっと苦しかったんだけど、自分の(手役を追う)スタイルだけは崩さないで行けたと思う。
あと、10回戦の一通をアガれたのも手応えあったなぁ」

内川「あれは、鳴きで一度高めを食い下げられるのだけど、もう一度高めツモれたんだよ。あれも凄くよかったね」

088_09

安田「初年度に桜花の決勝で負け、今年の春に桜花の決勝で負け、そのたびに勝ってきた先輩達を見てきているわけじゃん。
周りの先輩達に教えてもらって成長できたのと、どんな時も自分のスタイルは崩さないぞという、強い気持ちが上手く結びついたのかなって」

内川「うん、良い事言った。なんか麻雀の話する時全くキャラ違うね、いいわ」
安田「そんなことないよねー、さんちゃん♪」

(その場にいた大庭三四郎をからかう安田)

内川「(すぐこれだ、まったく)はい次ね、これからの安田麻里菜の目標は?」
安田「えー、前までは秋田にいたから無理だったけど、今は東京に来たから色々なタイトル戦に出たいなー。
あと、ロン2をやれるようにパソコンを買いました。まだ配線したり登録したり大変だけど・・」

内川「いいね。ロン2は本当に使える機能満載だからやった方がいいよ」
安田「機械苦手だからそこから覚えなきゃ。ねぇ、さんちゃん家きてつなげてよー♪」

(三四郎満更でもない顔w)

088_07

普段、接する感じはイメージ通りの彼女だったが、麻雀の話をするその目は真剣そのもの。
この後も、あの時はこうだったとか、どうする?など、麻雀についての話は止まらない。
本当に麻雀が大好きで、ずっと麻雀をやって生きて行きたいと語る彼女。
これからの飛躍は、きっとすぐやってくるだろう。

最後に、優勝決定瞬間の映像と直後に撮られた映像をお届けして終わりたい。
安田、本当におめでとう。