プロ雀士インタビュー

一覧

第90回:和泉 由希子
「おじいちゃんとおばあちゃんになっても・・・」

2013/01/24
インタビュアー:小笠原 奈央


12月の雨が降る寒い日、私はある方のご自宅を訪ねました。

初めて彼のお家にお邪魔する時のような緊張感に包まれながら、快く通して頂いたお部屋は、白とピンクを基調とした可愛らしい色遣いに、どこからともなく良い香り。ん~なんて優しくて癒される空間でしょうか。

そして、今日は可愛い部屋着に化粧っ気のない、完全オフスタイルにもかかわらず、
やっぱり美しい人は美しい。思わず見惚れてしまいます。

麻雀好きの方で、この人を知らない方はいないでしょう。
天は二物を与えずって、いえいえ、それはないでしょって、この人に会うといつも思ってしまうんです。
容姿端麗で、華があり、多方面で活躍をされている、麻雀においては攻めの大物手を作り、見ている人を魅了し熱くさせる、アイスドールの異名を持つ、そうです。

和泉由希子プロのご自宅でした。

この度、第11回天空麻雀女性大会で、見事優勝という有終の美を飾った和泉プロにインタビューをさせて頂くという事で、私、小笠原奈央がご自宅にお伺いし、プライベートをメインに(笑)根掘り葉掘りあんな事やこんな事を色々と聞いてきましたので、どうぞ最後までお付き合いください。

090_01
天空麻雀11 女性大会出場者プロ
090_02
優勝した和泉由希子プロ

小笠原「まずは第11回天空麻雀優勝おめでとうございます。今回の調子は正直どうでしたか??」
和泉 「ん~正直、天空は今まで毎回出場させてもらっているんだけど、良いところまでいっても1回も優勝できてなくてね。1回もだよ?!悔しくて今度こそとは思っていたけど、でも正直自信はなかったかな…」
小笠原「でも、東2局から、ガンガンアガっていきましたよね♪見ていて気持ちよかったですよー。
どの辺りから優勝を意識されましたか??」
和泉 「私は、こういった1回きりの決勝って、絶対人任せにしちゃダメで、勝負を自分で決めにいかなきゃいけないと思っているのね。東3局の親番で、咲(黒沢プロ)から18,000アガったの。
この局は、雪菜(白河プロ)のリーチに対して、自ら勝負を決めにいって、結果を出せて、それが自信になって優勝を意識出来た局ではあるかな。でも、この局は私の良い所と悪い所も入った局で、雪菜のリーチが入って、私2シャンテンで、最初に無筋の九万を押せなくて、現物の六索切ったんだけど、でも状態も良かったし、あそこは押すべきだったって後悔したの。結果良かったけど、ここが私の弱さかなって思っている。」

と、局を振り返って話をして下さる和泉プロ。

白河プロの手牌

四万四万五万五万六万六万一筒二筒三筒七筒八筒中中  リーチ  ドラ五万

捨牌 
南三索 上向き一索 上向き東白六索 上向き五索 左向きリーチ

その時、和泉プロの手牌。

一万二万三万六万二索三索四索六索三筒四筒五筒七筒七筒

ツモ 九万一万七万
捨牌 六索九万二万

一万二万三万六万七万二索三索四索三筒四筒五筒七筒七筒  リーチ  一発ロン五万  ドラ五万  裏 ドラ二索

ここから60,000点超えをし、状態が仕上がったけれども最後まで気は抜けなかったと、
どこまでも慎重で冷静沈着な和泉プロ。
オーラスは和泉プロの1人テンパイで90,400点という飛び抜けた成績で終局。

天空では毎回悔しい思いをしてきたからこそ、今回優勝を手にして心から嬉しかったと、微笑みながら話して下さいました。

小笠原「本当におめでとうございました。話は変わりますが、アイスドールと呼ばれることに正直抵抗とかってありますか??」
和泉 「当時勤めていた雀荘の人達が決めてくれたんだけど、最初は抵抗あったかな。周りからはクール。強い女。ってイメージみたいだけど、でも私は今日の部屋着を見て分かるように、ピンクやフリフリとか可愛らしいのが好きだし、気も強くないんだよね。男っぽくもないと自分で思うの。周りの人はユッキーは本当はホットドールだよね♪って言ってくれたりして嬉しくなるよ。でも、麻雀においてはアイスドールって私に合っているのかも♪って今は思うようになったから抵抗はないかな。」

確かに、目の前にいる麻雀を離れてお家でくつろぐ和泉プロは、とても女性的で可愛らしく、超絶乙女!!
いつもと違った一面に、またまた惹かれてしまいます。

090_05_smpwidth280_ktaiwidt.jpg
超絶乙女☆和泉由希子プロ

小笠原「対局中、いかなる時もクールで惚れ惚れとしますが、手が震えたり逃げちゃいたい!!!なんてことはありませんか?」
和泉 「あるよ、ある。本当に私緊張しやすいんだよね。手とかも震えるし、顔や動きにも出やすいから気をつけているの。メンタル面も弱い方だし、こずえ(宮内プロ)にはすぐバレちゃう(笑)」

こんな言葉はちょっと意外で、勝手に親近感湧いちゃいますね(笑)

小笠原「そんな和泉プロに魅了されて、麻雀や麻雀界に興味を持った方々は多々いると思います。
実際、私もその1人で、若手や今後プロを目指す方々へアドバイスを頂けると嬉しいです。」
和泉 「魅了されてとか言い過ぎだけど(笑)ありがとう、本当に嬉しい!!私は麻雀界の男女比が1対1になってくれたらなーって思うの。女の子でも気軽に麻雀に触れ合える環境になって、麻雀のイメージとかもクリーンになってほしいよね。
プロを目指す人にアドバイスは、正直厳しい世界だからこそ、中途半端な気持ちじゃなくて、目的意識をしっかりと持ってプロになってほしい。自分がどんなプロになっていきたいのかね。それで麻雀プロってものがもっと確立していってほしいな。」

ふむふむ。

小笠原「連盟が出した今年のカレンダーでは、着物姿のこれまた艶やかでセクシーな和泉プロの姿に、私は釘付けになりましたが、評判はどうですか?来年はこんなのに挑戦したいとかありますか?」
和泉 「カレンダーの評判はすごくいいかもー!あれはプライベートで京都に行った時に撮ったんだけど、舞妓さんとか結構あるけどこういうのは珍しいでしょ?自分でも気に入ってるよー。来年は、またセクシーなのやりたいかなー。背中ががっつり開いたドレスとか、ベッドでシーツに包まる感じとかさー。でも和服もやっぱり好きだなー」

・・・う。想像しただけで楽しみです。

私的にはベッドで真っ白なシーツに包まっている和泉プロが是非とも見てみたいかと。
皆さんはどうでしょう??来年のカレンダーも期待ですね。今からワクワクです。

そんな和泉プロが1月を飾る2013年日本プロ麻雀連盟カレンダーはコチラです(笑)

090_03_smpwidth290_ktaiwidth240
日本プロ麻雀連盟2013カレンダー

ここからはお待ちかねの恋愛面について色々と聞いていきました。

小笠原「プライベートで今後やってみたい事は何ですか?」
和泉 「ずばり結婚・出産・子育て。もうずっと言ってるんだけど中々ねー」
小笠原「理想の家庭像とかありますか?」
和泉 「子供は男の子と女の子の2人欲しい。幸せな家庭を築きたいよね。おじいちゃんとおばあちゃんになっても手を繋いでいられる仲良しな家族❤」
小笠原「和泉プロの、私と付きあったらこんないい事あるよーっていうのを教えて下さい(笑)」
和泉 「ん~(笑)家事とかは全然苦じゃないし好きだよ♪得意料理はスープとかの煮込む液体系。結構尽くすタイプで、彼の好みとかにも勝手に合わせちゃうんだよね。彼がショートが似合うよって言ったらショートカットにしちゃうし(笑)待つ事とかも苦痛じゃないから、8時間とかでも待てちゃう。彼の前では寂しがり屋さんで甘えん坊になっちゃうかも❤」

聞きましたか?皆様。あの和泉プロが僕の前でだけ甘えてきてくれるなんて・・・
はい。胸キュンです。

小笠原「最後になりますが、麻雀に出会えて、麻雀を続けていて良かったなーと思う事は何ですか?」
和泉 「麻雀を広めるお手伝いを出来ている事がとても嬉しい。そして応援してくれる人がいるから今まで頑張って続けてこられたし、本当に心から感謝しています。お返しが1人1人にちゃんと出来るわけではないけれど、いつまでも感謝を忘れず大切にしたいよね。」

と、ファンの方々への熱い思いを語ってくれました。
ラストは、そんな和泉由希子ファンへ、愛のお言葉を和泉プロから頂いてきました♪

和泉「次の天空・プロクイーンも頑張るから応援してね♪愛してるよーーーー❤❤❤」

“立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花”

女性の美しさを表現するこの言葉がぴったりくる和泉由希子プロ。
同じ女性として、同じ麻雀プロとして、しっかりと背中を見ながら歩んでいきたいと、私が心から思える人です。

今後も和泉プロの麻雀界での活躍を期待するとともに、「この人が私のダーリン❤」と、
幸せいっぱいに紹介して下さる日を楽しみにしたいと思います。

和泉プロ、この度は天空麻雀優勝本当におめでとうございました!!

090_04_smpwidth290_ktaiwidth240
和泉由希子プロと小笠原奈央プロ

(このインタビューは2013年1月現在のものです)