文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

特集企画

一覧

第四回麻雀トライアスロン雀豪決定戦 二次予選レポート

2013/07/04
執筆:編集部


tri tri

“麻雀トライアスロン”とは!?

一般的にトライアスロンとは鉄人レースと言われ、水泳・自転車・マラソンの3種目で競う耐久競技のことを言います。ではこの“麻雀”トライアスロンとは?

2009年、日本プロ麻雀連盟で創設された、まったく新しい形の“麻雀”のタイトル戦、
それが、『麻雀トライアスロン』です。

東風戦・半荘戦・3人麻雀の順に戦い、3種目をワンクールとして、1次予選・2次予選・決勝と勝ち進んで行きます。

最後が3人麻雀となっており、得点力が高く爆発力のあるゲームだけに大逆転も可能。
さらに、今回から二次予選は東風戦で各2名が敗退、半荘戦でも各2名が敗退といった、サバイバル形式のシステムとなり、さらにスリリングな展開が予想されます。

今年で4回目を迎えるこのタイトル戦ですが、毎年各界を代表する雀豪の方々にお集まりいただき、豪華な顔ぶれで開催されます。今回も腕に覚えのあるこの16名が集結しました。
※【順不同・敬称略】

出場選手紹介ページはこちら
一次予選レポートこちら

さて一次予選も終わり、勝ち上がった各選手はいよいよ二次予選へと進みます。
昨年までこの二次予選へ進めば、後は決勝を見ながらの戦いだったのですが、今回からは東風戦でゲスト雀豪とプロ雀士の各2名が、そして半荘戦でも同じく各2名が敗退となる、サバイバル形式となりました。これでは各選手、東風戦だからといって様子見というわけにはいかないでしょう。
そして今回からは、一次予選のポイントが半分持ち越しとなります。

さあ決勝進出に向けて各選手闘牌の開始です。

tri

tri
1卓:左から 片山まさゆきさん、武宮正樹さん、灘麻太郎プロ、小島武夫プロ
tri
2卓:左から 宮内こずえプロ、畑正憲さん、伊藤優孝プロ、佐々木信也さん
tri
3卓:左から 古川孝次プロ、南部虎弾さん、瀬戸熊直樹プロ、川合俊一さん
tri
4卓:左から 先崎学さん、見栄晴さん、二階堂瑠美プロ、前原雄大プロ
tri
5卓:左から 荒正義プロ、武藤敬司さん、坂上忍さん、滝沢和典プロ
tri
6卓:左から 池谷直樹さん、蒼井ゆりかプロ、小池一夫さん、佐々木寿人プロ

一次予選総合トータルトップ通過の池谷直樹さんは、しっかりと2着をキープして、雀豪トータル1位のまま半荘戦へ。
プロ1位通過の宮内こずえプロはここでトップを取り、プロ雀士はもちろんのこと、総合でもトータルトップへと躍り出ました。

tri
池谷直樹さん
tri
宮内こずえプロ

その煽りを受け、大きなラスを引いてしまったのは、前回大会優勝の佐々木信也さん。
何と早くもここで敗退となってしまいました。

tri
佐々木信也さん

他の卓では、灘麻太郎プロ、前原雄大プロ、古川孝次プロ、滝沢和典プロと、ようやくプロ雀士のエンジンがかかってきたようです。

tri
灘麻太郎プロ
tri
前原雄大プロ
tri
古川孝次プロ
tri
滝沢和典プロ

ここで雀豪唯一のトップは小池一夫さん。
一次予選最終種目の三人麻雀で大きなトップを取り、その勢いに乗ります。

残念ながらここで敗退となってしまったのは佐々木信也に、強豪と評判の坂上忍さん。
何と▲10.0Pでまさかの敗退。何とシビアな戦いなのでしょうか。

tri
小池一夫さん
tri
坂上忍さん

プロ雀士は「ミスター麻雀」小島武夫プロと、連盟副会長の伊藤優孝プロのお2人が涙を呑みました。
伊藤プロは予選12位で通過し、さあここから巻き返しというところで3着と粘ったのですが、残念ながら敗退となってしまいました。

tri
小島武夫プロ
tri
伊藤優孝プロ

 

tri
小池一夫さん、小島武夫プロ
tri
荻野滋夫さん、佐々木信也さん

次は半荘戦です。卓も5卓となり、各選手生き残りをかけ佳境に入ってまいりました。
ここでは順位点が東風戦の倍になるため、着順が予選突破の鍵になることでしょう。

tri

ここでトップを取り、ゲスト雀豪、総合でもトータルトップになったのは武宮正樹さん。
囲碁界のスーパースターは麻雀も得意種目のようです。

tri
武宮正樹さん

こちらもテーブルゲームは十八番でしょう、将棋棋士の先崎学さんはトップでゲスト雀豪3位へ。
また、日本マット界の至宝・武藤敬司さんもトップで2位へと着けました。

tri
先崎学さん
tri
武藤敬司さん

プロ雀士では、現鳳凰位・十段位と二冠を持つ瀬戸熊直樹プロがトップで、プロ雀士の3位へ。
また、麻雀格闘倶楽部の投票選抜戦で上位を獲得した蒼井ゆりかプロもトップ。

tri
瀬戸熊直樹プロ
tri
蒼井ゆりかプロ

ここまで何とか凌いでいますが、トップが中々取れずポイントを伸ばすことができないのが、
麻雀漫画の第一人者・片山まさゆきさん、パフォーマンス集団・電撃ネットワークの南部虎弾さん。
2回目の出場となる見栄晴さん。作家の「ムツゴロウさん」こと畑正憲さん。
そしてプロ雀士では、第二回大会優勝の荒正義プロや二階堂瑠美プロ、超攻撃麻雀の佐々木寿人プロといったところが苦しい戦いを強いられています。

tri
片山まさゆきさん
tri
南部虎弾さん
tri
見栄晴さん
tri
畑正憲さん
tri
荒正義プロ
tri
二階堂瑠美プロ
tri
佐々木寿人プロ
tri
武宮正樹さん、武藤敬司さん、坂上忍さん
tri
荻野滋夫さん、畑正憲さん

いよいよ二次予選最終種目の三人麻雀へと移ります。

ここで決勝に残ることができるは、ゲスト雀豪上位2名とプロ雀士上位2名の4名のみ。
ここまで勝ち残っているのは16名で、予選開始時には32名の選手でスタートしたこの麻雀トライアスロンも、遂に半分にまで絞りこまれました。

まず、先崎学さんがトップを取って決勝進出を決めます。

tri
先崎学さん

そして、半荘戦が終わってゲスト雀豪2位につけていた武藤敬司さんは、南2局6巡目、時間打ち切りのため最終局のこの大事な場面で国士無双をテンパイ!!

一万九万九索一筒九筒東南西北白白発中 ドラ九筒

これをアガれば大逆転で決勝進出は確実!

そして3巡後、瀬戸熊プロが当たり牌の一索を掴みます。

九万五索五索赤五索六索六索八索二筒二筒五筒五筒六筒西 ツモ一索

瀬戸熊プロは現在65,400点持ちのトップ目。
ただ、この時点で決勝に進めるかは微妙な得点状況で、まわりの結果次第では、進出できない可能性もあります。できればもう1回くらいアガリたいところですが、この一索を切ればその時点でゲームは終了。
その瀬戸熊プロの選択は・・・打九万。何と一索を止めます!

その結果、武藤さんはこの国士無双をアガれず、ここで残念ながら敗退となりました。
局の終了後、武藤さんのなんとも悔しそうな顔が印象的でした。

tri
tri

※この映像はエンタメーテレにて放送されますのでお楽しみに♪

瀬戸熊プロはトップで終わり、見事、プロ雀士1位通過となり決勝進出を決めました。
この一索を止めたことが明暗を分ける形となりました。

tri
瀬戸熊直樹プロ

もう1人プロ雀士からは、「そろそろ会長をやめようと思います」と宣言され、森山茂和プロに新会長をバトンタッチした灘麻太郎プロが進出。会長という責任ある立場を終え、気持ちも楽になったのでしょうか。

tri
灘麻太郎プロ

ゲスト雀豪からもう1人決勝へ進んだのは、最後に怒涛のトップをもぎ取り追い込んできた川合俊一さん。
麻雀トライアスロン初参戦で初決勝進出はお見事です。

tri
川合俊一

こうして、長い長い麻雀トライアスロンの予選も終わり、決勝に進む4名が決定いたしました。

【 ゲスト雀豪 】 【 プロ雀士 】
順位 名 前 持ち越し 東風戦 半荘戦 三人麻雀 順位 名 前 持ち越し 東風戦 半荘戦 三人麻雀
1 先崎 学 26.2 ▲ 29.3 54.6 45.0 96.5 1 瀬戸熊 直樹
18.4 ▲ 22.5 51.7 32.8 80.4
2 川合 俊一 23.9 ▲ 8.5 17.0 43.6 76.0 2 灘 麻太郎
29.7 33.6 ▲ 9.0 23.5 77.8
3 武藤 敬司 35.9 ▲ 23.6 43.1 ▲ 30.1 25.3 3 前原 雄大
16.9 27.4 14.5 16.6 75.4
4 武宮 正樹 13.5 5.1 46.6 ▲ 43.3 21.9 4 宮内 こずえ
32.7 35.6 ▲ 38.3 38.6 68.6
5 見栄晴 5.5 8.8 22.8 ▲ 36.1 1.0 5 古川 孝次
▲ 16.0 24.3 14.7 25.6 48.6
6 南部 虎弾 10.6 6.7 ▲ 16.4 ▲ 12.2 ▲ 11.3 6 滝沢 和典
▲ 1.2 34.1 ▲ 14.4 9.5 28.0
7 池谷 直樹 49.9 5.9 ▲ 48.4 ▲ 25.6 ▲ 18.3 7 佐々木 寿人
0.3 ▲ 4.3 13.0 ▲ 24.1 ▲ 15.1
8 畑 正憲 13.7 21.1 ▲ 41.7 ▲ 20.9 ▲ 27.8 8 蒼井 ゆりか
4.4 ▲ 29.6 37.7 ▲ 42.9 ▲ 30.4
【 総 合 】
順位 名 前 持ち越し 東風戦 半荘戦 三人麻雀
1 先崎 学 26.2 ▲ 29.3 54.6 45.0 96.5
2 瀬戸熊 直樹 18.4 ▲ 22.5 51.7 32.8 80.4
3 灘 麻太郎 29.7 33.6 ▲ 9.0 23.5 77.8
4 川合 俊一 23.9 ▲ 8.5 17.0 43.6 76.0
5 前原 雄大 16.9 27.4 14.5 16.6 75.4
6 宮内 こずえ 32.7 35.6 ▲ 38.3 38.6 68.6
7 古川 孝次 ▲ 16.0 24.3 14.7 25.6 48.6
8 滝沢 和典 ▲ 1.2 34.1 ▲ 14.4 9.5 28.0
9 武藤 敬司 35.9 ▲ 23.6 43.1 ▲ 30.1 25.3
10 武宮 正樹 13.5 5.1 46.6 ▲ 43.3 21.9
11 見栄晴 5.5 8.8 22.8 ▲ 36.1 1.0
12 南部 虎弾 10.6 6.7 ▲ 16.4 ▲ 12.2 ▲ 11.3
13 佐々木 寿人 0.3 ▲ 4.3 13.0 ▲ 24.1 ▲ 15.1
14 池谷 直樹 49.9 5.9 ▲ 48.4 ▲ 25.6 ▲ 18.3
15 畑 正憲 13.7 21.1 ▲ 41.7 ▲ 20.9 ▲ 27.8
16 蒼井 ゆりか 4.4 ▲ 29.6 37.7 ▲ 42.9 ▲ 30.4
tri
ゲスト雀豪1位通過:先崎学さん
tri
ゲスト雀豪2位通過:川合俊一さん
tri
プロ雀士1位通過:瀬戸熊直樹プロ
tri
プロ雀士2位通過:灘麻太郎プロ

以上の4名で、第四回麻雀トライアスロン雀豪決定戦決勝戦が争われます。
今年はいったいどんなドラマが待ち受けているのでしょうか!?

tri
tri

 

予選のダイジェストや決勝の模様は、エンタメ~テレにて大好評放送中!!

番組配信スケジュール

7月6日 (土)#1 15:30~再放送
7月6日 (土)#2 17:00~再放送
7月15日 (月)#3 19:00~初回放送

 

tri

エンタメーテレ 番組紹介ページはこちら