鳳凰の部屋

一覧

『借力』

2012/10/24
執筆:荒 正義


鳳凰戦の予選は40回戦。12名の中から上位3名が挑戦権を得ます。
そして、決定戦は20回戦となります。
今日と明日の2日間がその総決算、泣いても笑ってもそれですべてが決します。

選手の思いは皆同じで、自分のすべてを出し切ること。これに尽きます。不完全燃焼では悔いが残るからです。
全部出しきって、それで負けたらしょうがない。そこには運の要素もあるし、勝負のアヤもある。
しかし、敗者は負けの因をそのせいにしてはならない。すべては自分の能力と思うことが大事です。
そしてまた鍛錬に励み、次のチャンスを待つ。これができるのが一流の打ち手の、条件といえます。

しかしこの年の決定戦、望月雅継は不調だったといえるでしょう。
手が入らないしアガリも単発で、後が思うように続かない。
満を持して臨んだ11回戦でしたが、1人沈みのラスを引く。

hououi_03_08_01_smpwidth290_ktaiwidth240

やることなすこと暖簾に腕押し、ヌカに釘です。
彼の実力はこんなものではない。それはボクも知っているし、瀬戸熊も右田も承知しています。
ボクが望月に持つ印象は、麻雀に対する姿勢が純真あること、そして雀風がパワフル。
純真さとパワフル…これも一流の打ち手には大事な要素です。

11回戦終了時
荒+56.8P  右田+45.8P  瀬戸熊▲7.8P  望月▲92.8P

その望月が、今までのうっ憤を晴らしたのが次の12回戦。
瀬戸熊が親で連荘して好調でしたが、その親で満貫を引いてまず逆転。

hououi_03_08_02_smpwidth290_ktaiwidth240

次が親番で、泣く子も黙る6,000オール。

hououi_03_08_03_smpwidth290_ktaiwidth240

連盟のAルール(一発・裏無し)でも打点が高いのが、望月の持ち味です。
こんなアガリをされたら、誰だって…(そりゃあニャーだろう)と云いたくなります。
そしてダメ押しの止めがこれです。

hououi_03_08_04_smpwidth290_ktaiwidth240

今度は4,000オールで、これが望月のパワーなのです。
こうした流れで戦い抜くコツは、頭を低くし好調の望月にけっして逆らわないことです。
嵐が過ぎるまで、家の中でじっと我慢です。それが賢明。

願いは、身近なライバルが勇気もって戦ってくれるのを祈ります。そして勢いの差で、たぶん彼に討たれる。これが、よこしまなボクの考え。
いくら望月がツモアガろうと、出ない限りボクと、瀬戸熊、右田との点差は詰まらないからです。これも戦いの兵法でしょう。

しかし、残念ながらそんなことは皆、百も承知ですから誰も出ていきませんでした。
ここで勇気を出す打ち手は、A1の椅子には座れない。なぜなら、それは勇気ではなく一見、勇気に見える無謀に他ならないからです。
結果、この半チャンの結末は次の通り。

hououi_03_08_5_smpwidth290_ktaiwidth240

ボクはこの後、粘って幸運にも浮きに回ることができました。これで十分です。
近かった右田とは点差が開き、マークしていた瀬戸熊とは、約90Pの差となっています。
麻雀は自分の力だけに頼らず、状況に応じて相手の運量を見極め、その反動を利用することが大事。

これが相手の力を借りる、借力です。

この半荘、ボクには理想の展開だったといえます。
一方、望月は失点を大きく減らし名前の通り…次に望みを継いだといえるでしょう。
しかし、どちらにせよ勝負はまだ途中経過、油断は禁物です。

12回戦終了時
荒+61.6P  右田+18.7P  瀬戸熊▲34.9P  望月 ▲43.4P

そして13回戦のサプライズ。
それは、ボクが南2局の親のときです。この時点でボクの持ち点は27,500。
一方の瀬戸熊は、38,400。右田は32,000で、望月が22,100。
望月はやっぱり不調。前回あれだけのトップを掴み取ったにかかわらず、今度はラス目。普通の流れなら2、3連勝と続くものです。
瀬戸熊からすれば、トップ走者のボクを沈めてトップを決める絶好のチャンスです。そうすれば一気に点差が詰まる。

瀬戸熊の8巡目の仕掛けが、自風の西を鳴いてこう。

牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背牌の背 ポン一万 上向き一万 上向き一万 左向き ポン西西西

そして、瀬戸熊の河がこう。

七索 上向き四索 上向き東北七筒 上向き五索 上向き
九筒 上向き三万 上向き

ボクには、ホンイチのテンパイに見える。この時、ボクの手がこうである。

六万七万八万一索三索五索六索九索九索四筒四筒南南

親で四筒がドラだから、ただ指を食えて見ているわけにはいかない。
取りあえず、上家の右田から出た七索に食いを入れてみた。遠い仕掛けは覚悟の上です。
いわばアガキ、よく言えば粘りです。

この食いを誰がどう見るか、それは分らない。
ただ、ボクの両面鳴きは相当の手が入っている証拠と、瀬戸熊は見ることは確かです。
ドラドラか、ドラ3のクイタンです。すると、このチーで下りてきたのが二万白南の3牌なのです。
そして手牌がこう。

二万六万七万八万四筒四筒南南南白 チー七索 左向き五索 上向き六索 上向き

白で当たると満貫、トイトイが付くと跳満まであるから打つ気はありませんでした。
でも、二万なら一度は勝負するつもりです。

すると、瀬戸熊から一瞬の間があって、手出しの八万が出てきました。謎です。
どうも…怪しい。手が決まっているなら、手出しはないのが普通です。となれば、ノーテンの場合もあり得る。
単純な手変わりなら危険なのは四万-七万か、ボクはそう考えます。そしてボクの次のツモがドラの四筒。で、二万を勝負します。

六万七万八万四筒四筒四筒南南南白 チー七索 左向き五索 上向き六索 上向き

もちろん、この手がアガれるとは思ってもいない。流局で御の字です。
ところが、最後の打牌で瀬戸熊から一瞬の間があって、なんと白がツモ切られたのでした。
間があるのが妙で、これも謎です。

hououi_03_08_06_smpwidth290_ktaiwidth240

ボクは、ただア然です。これがサプライズ。
この時ボクは、瀬戸熊の精気が消えていくのを感じました。
しかしサプライズは、連動したのです。
八万白の謎の検証は、次回となります。(以下次号に続く)

hououi_03_08_06_smpwidth290_ktaiwidth240