鳳凰の部屋

一覧

「出陣」 前田 直哉

2016/01/26
執筆:前田 直哉


全ての対局が終わった…。まずは長い戦いが終わったことにホッとしている自分がいた。
ずっと目指してきた鳳凰位…決まった瞬間には当然物凄い喜びが湧いてくるものだと思っていた。
しかし、実際は「鳳凰位」という名前の重圧に襲われていた。

自分が獲って良かったのだろうか?本音を言うとやっとA1まで勝ち上がり、ここで揉まれ更なる強さを身に着けたいと思っていた。
もしかしたら自分にとってはマイナスなのかもしれない。麻雀の神様はこの私に何を求めているのだろう?これも与えられた試練なのだろうか?考えれば考えるほど重圧は強くなった。
唯一の救いは応援してくれた人達の言葉だった。ああ…この人達が喜んでくれているだけでも獲って良かったと思わせてくれた。

終わってからはリーグ戦も無いのでゆっくり出来るとばかり思っていたが、忙しさは時を経つにつれて日に日に増していった。
麻雀の道を選んだ私にとって、麻雀の仕事が増えていくのは本当にありがたいことだし感謝しかない。
でも仕事と両立しながらの多忙なスケジュールは、昨年の私とは全く異なっていた。

麻雀の番組も増え新しいタイトル戦も増え、麻雀業界にとっては新たな一歩を踏み出せた1年ではなかっただろうか?
そんな中で私は何か出来たであろうか?鳳凰位としての重責を果たすことが出来たであろうか?
なんとか最後の最後で最強位にはなれたが、私としてはハッキリ言ってダメダメであった。

しかし、本当に良い経験をさせて頂いた1年であったことには間違いない。
いろんな番組に出させていただき、いろんな人達と出会い、いろんな麻雀を打つことも出来た。
縁あって日本プロ麻雀連盟の門を叩きてっぺんを目指し約15年、鳳凰位が目指すゴールであるとずっと思ってやってきた。しかしそこがゴールでは無いことに、鳳凰位になってみて初めて気付かされた。
ここからがまた始まりなのである。もしかしたらゴールなど存在しないのかもしれない…でもこの道を選んだ以上、ひたすら上だけを目指して歩んでいこうと思う。日々に感謝し、日々精進である。

そして昨年末ついにA1の対局が全て終わり、今月末から行われる鳳凰位決定戦の対戦者が決まった。

まずはサーフィン打法でおなじみの古川プロである。
過去には鳳凰位を3連覇していて実績はもちろんのこと、私の麻雀スタイルとは真逆にいるプロであり、みている人達にとってはかなり面白くなるのではないか?と思っている。

そして2人目は昨年も戦った瀬戸熊プロである。なんと!これで7年連続の決定戦進出だ。
この強豪ひしめくA1の中で、7年連続の勝ち上がりは至難の業であり、本当に強い証であると思う。
今年こそはクマクマタイムを発動させようと思っているだろうが、是非とも見る機会が無いことを祈りたい

そして3人目は同期であり、昨年一緒にA1に上がり決定戦でも戦った勝又プロである。
今年は昨年よりも安定感を増している印象をうける。麻雀IQ220とも言われるように、その読みの精度は誰しもが知るところであり、2年続けての決定戦進出はやはり力のある証拠であろう。

この3者を迎え撃とうなどとは微塵も思っていない。
私はまだまだ力不足であるし、あくまでも今回も挑戦者として戦うつもりだ。

気持ちは既に決定戦に向けている。
この多忙な中でどうやって気持ちを作っていくか、麻雀と身体のコンディションを整えていくかがこれからの課題であるだろう。

今年は4週に渡っての戦いだ。精神的にも体力的にもキツイように思う。
1年間リーグ戦を戦っていないことがどれだけマイナスになっているかはわからないし、きっとプラスになっていることもあるだろう。
ここまで培ってきた全てを30日から始まる決定戦にぶつけていこうと思う。
応援してくれている人達の笑顔を見るために魂こめて戦いたいと思います!

次回予告!

「4分の1で続きます」(笑)

追伸
対局シーンが無いと、こうも書くのが大変だとは…
自分には芥川賞は取れないことを初めて悟りました♪

これまで私の鳳凰の部屋を読んでくださった全ての人達に感謝しています。
長い間本当にありがとうございました。
さてと…行くか!!

100

前田直哉(現・鳳凰位)vs瀬戸熊直樹vs勝又健志vs古川孝次

第32期鳳凰位決定戦~初日~
1/30 14:00~

1・2回戦解説:沢崎誠・滝沢和典
3・4回戦解説:荒正義・猿川真寿

第32期鳳凰位決定戦~二日目~
2/6 14:00~

5・6回戦解説:近藤久春・佐々木寿人
7・8回戦解説:藤崎智・山田浩之

第32期鳳凰位決定戦~三日目~
2/13 14:00~

9・10回戦解説:仁平宣明・滝沢和典
11・12回戦解説:望月雅継・柴田弘幸

第32期鳳凰位決定戦~最終日~
2/20 14:00~

13・14回戦解説:前原雄大・山田浩之
15・16回戦解説:森山茂和・藤崎智

実況:山井弘
牌譜解説:白鳥翔