文字サイズを小さくする 文字サイズを元に戻す 文字サイズを大きくする

プロ雀士インタビュー

一覧

第137回:DVD発売記念特別インタビュー:高宮まり 東城りお  インタビュアー:ケネス徳田

2016/02/12
インタビュアー:ケネス徳田


~朝から始まった麻雀対局番組の収録終了後、高宮まり・東城りお2人だけの軽い打ち上げ~

高宮「りおたん、お疲れ~」

東城「まりしゃん、お疲れ~」

100
100

 

●映像コンテンツ激増の一年

東城「去年も色々あったね」

高宮「そうだね。新しい対局番組とか随分増えたもんね」

東城「うん。CSだと【八局麻雀】(V☆パラダイス)とか【Lady's麻雀グランプリ】(エンタメーテレ)とか。あと私は出てないけど【てんパイクイーン】(CS日テレ)も始まったし」

高宮「私がプロ連盟入った時は【女流モンド杯】(モンドTV)と【天空麻雀】(エンタメーテレ)しかなかったから」

東城「どっちもまりしゃんが優勝してるもんね」

高宮「えへへ」

100

第11回女流モンド杯優勝

100

第17回天空麻雀優勝

東城「あと、ネットTVも『ニコ生』だけじゃなく『AmebaFRESH!』も始まったよね」

高宮「そうだね。今まで『連盟チャンネル』イコールニコ生だったけど、これからはどっちのチャンネル?みたいなこともあるんだろうね」

東城「いっぱい番組ありすぎて全部見るの大変だわ、アワアワ」

 

●DVDでも大活躍!

高宮「去年はりおたん、グラビアデビューもしたもんね」

東城「そうそう! 麻雀プロがグラビア?って最初思ったけど」

高宮「そうだね。私も最初は随分戸惑ったかな」

東城「えー、だってまりしゃん…(胸大きいし)」

高宮「りおたんだって…(スタイル抜群だし)」

100
100

100

「まりさんぽ」絶賛発売中

100

「RIOTIME」絶賛発売中

東城「でもグラビアの先駆けはまりしゃんだよね」

高宮「そうかな?」

東城「だって、【女神降臨】(モンドTV)に麻雀プロが出るってなかなかないことだし」

高宮「でもりおたんも出たじゃない」

東城「まりしゃんあっての東城でございますから(笑)」

高宮「いやいや。それにりおたん、近代麻雀のDVDBOXだと大活躍じゃん」

東城「あ、確かに。第2回の東風女王でした」

100
100

 

●裏事情を知る者?
石田「遅れてごめ~ん」

100

高宮「あ、あさみんだ」

東城「初代東風女王が来た(笑)」

石田「ごめんごめん、ちょっとパスポート受け取りに行ってたから」

東城「どっか行くの?」

石田「違うよ。元々グラビアDVDのロケ、サイパンでやる予定だったでしょ?」

高宮「うん。でも撮ったのは沖縄だけど」

石田「そうなのよ。申請している間に沖縄に変わっちゃったから、ついパスポートの受け取り忘れちゃって…」

東城「そうなんだ。でもあさちびがロケについて行ってくれたおかげで安心できたよ」

高宮「私も~」

石田「マネージャー的役割で一緒に行ったからね、とくにまりしゃん、ほんとに寝起き悪いし(笑)」

東城「せっかく沖縄一緒に行ったんだから、あさちびもグラビア出ればよかったに」

石田「私は元読モだから、服着てないとダメなのよ」

高宮「でも今年の連盟カレンダー、泡風呂だったよね?」

石田「逆に肌まったく見せてないでしょ? キャハハハハハハハハハハ」

東城「まりしゃんは毎年安定の水着担当だけどね」

2016日本プロ麻雀連盟卓上カレンダー 中山 奈々美

2015日本プロ麻雀連盟卓上カレンダー 中山 奈々美

 

●変化を恐れないことが大事
高宮「そういえば、あさみんって去年東京に出てきたんだよね?」

石田「そうなのよ。プロ連盟入った時は『公式戦だけ上京すればいいから』って思ってたんだけど、想像以上にお仕事たくさんもらちゃって」

東城「新幹線代もかかるしね」

石田「だから思い切って東京来ちゃったのよ」

高宮「東京来てよかった?」

石田「うん! お仕事こなして、そのお仕事から新しいお仕事につながるみたいな。そんな楽しさが味わえるのって、やっぱり東京来たからだと思う」

東城「そうなんだ。そういえば私も…」

石田「秋田から?」

東城「いや、そんな昔の話じゃなくて(笑) 元々違う団体でプロデビューしたから」

高宮「ああ、そうだったね確か」

石田「すぐに移ったって感じ?」

東城「1年かな」

石田「それもすごい決断な気がするね」

東城「うん。最初プロになった時、私にとって麻雀ってゲームの延長みたいな感じだったんだよね、言い方良くないけど」

高宮「自分で楽しむのが第一みたいな?」

東城「そんな感じだね。でもある日、麻雀店の勉強会に参加した時」

石田「麻雀店の勉強会なんてあるんだ?」

東城「うん、所属の女流プロとかメンバー対象のね。そこでプロ連盟の山田浩之プロが講師で来てくれて、その時にすごい衝撃受けたの」

高宮「ヒロさんに?」

東城「うん。今までやってた麻雀とは全く別の考え方。最初はヒロさんだけなのかな、って思ってたんだけど、ゲストで伊藤優孝プロや瀬戸熊直樹プロと御一緒した時にも「ああ、同じこと言ってる」と思って」

高宮「プロ連盟は団体でしっかり教えてるからね」

東城「そう。それ聞いて、けっこう迷ったんけど、結局プロ連盟に移籍というか試験受けたの」

石田「そうなんだ。てっきり色々なメディアに出たいとか、そういう理由かと思ってた(笑)」

東城「それは全くなかったね。というか、麻雀をもっとしっかり勉強したいといのが最大の理由だったし。ここまでメディアの仕事が多いなんて全然知らなかったもの」

高宮「私もりおたんと一緒で、麻雀強くなりたいから連盟入ったの」

石田「え、そうなんだ?」

高宮「一発・裏ドラ無しルールにすごい興味持ってたってのもあるかな」

東城「そうそう! 普段は赤ありの麻雀打ってても、一発・裏ドラ無しを勉強するとすごい役に立つもんね」

 

●日々是決戦
高宮「あ、もうこんな時間だ」

石田「え、何かあるの?」

高宮「うん、19時から連盟チャンネルに出てその後21時からロン2のゲスト」

東城「なんか売れっ子みたい(笑)」

高宮「油断するとスケジュールをキツキツに入れられてしまうのだ(笑)」

石田「あ、わかる! 私も夕方まで対局の日に「じゃあ夕方から入れるね」ってよく言われるもん」

東城「2人ともタフなんだね」

高宮「りおたんはダブルヘッダーはやらない?」

東城「そうだね。あんまり頭の切り替えうまいほうじゃないから。仕事終わりに麻雀格闘倶楽部やるくらいかな」

石田「それも立派なお仕事だもんね」

高宮「じゃあ帰るね、お疲れ~」

東城「うん、頑張ってね」

石田「じゃあ私たちは麻雀格闘倶楽部並び打ちしようか?」

東城「うん!」

~女流プロたちの一日はまだまだ続くのであった~

100